ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金の教室

火災保険の「過払い」に注意!

火災保険版“ねんきん特別便”への対処法

生活設計塾クルー
【第10回】 2008年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 社保庁によれば、ねんきん特別便で公的年金の加入記録に漏れがないかの確認を本人に求めたところ、「訂正なし」と回答した年金受給者の約8割で記録漏れが確認されたという。本人が確認するといっても、書面だけでの確認にはやはり限界があるのだろう。

 といっても、今回の話は年金ではない。

 あなたが保険期間2年以上の火災保険に加入しているなら「火災保険契約ご確認のお願い」というDMが届いているはず。よく見ずに回答すると、大変なことになるかもしれない。

 現在、火災保険をめぐり問題が起きている。この問題は契約者に大きな影響を及ぼすため、個々の契約に問題が起きていないかを、契約者自身にチェックさせるためにこのDMは送付されている。いわば火災保険版の“ねんきん特別便”というわけだ。

保険料取り過ぎ問題

 火災保険をめぐる問題とは何か。簡単に説明してみよう。

 3000万円の住宅を購入し、火災保険も3000万円に設定していた。ところが25年後に火災が起き、支払われた保険金は2300万円だった。

 なぜか。罹災時に支払われる保険金は、建物の現在価値までと決まっており、それ以上の保険金額はすべて“無効”。保険金額が3000万円だろうと、建物の価値である2300万円以上の保険金は一切支払われない。これが火災保険の基本ルールなのである。

高すぎる保険金額を設定してもムダである

 ほんとうにイザが起こったとき、受け取れると思っていた金額よりも、700万円少ない金額しか支払われない。たとえその分の保険料を負担していたとしても、である。そのため、この問題は「火災保険取り過ぎ問題」の一種である。

 大手損保6社の発表によれば、この問題以外も含めた保険料取り過ぎは、今月末までで220億円にのぼる見通しとなっている。そのため、DMや代理店によって、契約が適正であるかどうか、現在も全契約を調査中である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
生活設計塾クルーの人気著書「お金はこうして殖やしなさい[新版]」好評発売中!

株、投信、生命保険、年金、住宅ローンまで、いまどきお得な金融商品の選び方を詳細解説。 1470円(税込)

話題の記事

生活設計塾クルー

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー集団。経験に裏打ちされた独自の視点で、一人ひとりの将来設計に応じた資産運用や保障設計のアドバイスを行なう。また、セミナーや執筆活動も幅広く展開。金融・経済、金融商品、社会保険等について中立の立場から情報を発信している。生活設計塾クルーのウェブサイト


お金の教室

資産運用から保険、住宅ローン、年金まで、人生設計に必要なお金にまつわる情報をわかりやすく解説。独立系ファイナンシャルプランナーならではの「中立」な立場で語ります。

「お金の教室」

⇒バックナンバー一覧