ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

書類選考、面接の成否はここで決まる
「職務経歴書のご法度」に気をつけろ!

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第4回】 2013年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

職務経歴書とは「面接の台本」である

 インターネットが普及する前後を比べると、転職希望者の方の職務経歴書の書き方は圧倒的に上手になりました。以前は内容が乏しく、控え目過ぎてアピールのアの字もないような職務経歴書が多かったのですが、最近はよく整理されたフォーマットが出回るようになり、きちんと自分をアピールしようとする意識も高まってきたように感じます。

 しかし全体のレベルが上がったということは、さらにもう一段レベルの高い職務経歴書を書かなければ他の人と差を付けられないということでもあります。とくに人気企業、人気職種への応募はライバルが非常に多いですから、まず書類選考をクリアできる職務経歴書を作成する必要があります。

 職務経歴書には、書類選考の材料という役割に加え、もう1つ見落とされがちな役割があります。それは面接官が行う質問のベースになる、というもので、職務経歴書はいわば「面接の台本」というべき存在なのです。したがって、職務経歴書はこの2点を意識して書かなければなりません。

 具体的な書き方としてはまず、いつ、どの会社のどの部署に所属し、どんな業務に取り組みどんな成果を残したのか、すべて客観的に記載したあらゆる職務経歴書の元となる「マスターバージョン」を作成します。次にマスターバージョンをベースにして、応募企業に合わせた「提出用バージョン」を作成します。

 たとえば自分のキャリアが営業と営業企画に大きく分かれている人の場合、応募する職種によってどちらにスポットライトを当てるかが変わってきますから、まず自分のキャリアを俯瞰するためにマスターバージョンをつくる必要があるのです。

 過去に使った手帳を眺めながら「そういえばこんな仕事もやったんだな」と書き起こしたり、プロジェクトで出した成果の正確な数字を調べ直したりしているうちに、職務経歴書に臨場感やリアリティが出て、非常にパワーのある内容になっていきます。

 別の言い方をすると、最初から完全な職務経歴書を書こうとするな、ということです。自分のキャリアとはいえ、35歳にもなれば忘れていることはたくさんあるので、下準備をしないでいきなり職務経歴書を書くと、あいまいな内容ばかりになってしまいます。それでは内容にパワーが生まれませんし、運よく書類選考を通過できたとしても、面接であいまいな部分を突っ込まれると適切な返答ができず、落とされる結果を招いてしまいます。

 このように、マスターバージョンの作成は面接でしっかり自分のキャリアを話せるようにする目的もあります。職務経歴書を作成するプロセスは、面接で話すネタの収集活動でもあると意識しておきましょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

かつては「35歳が限界」と言われた転職。しかし今では35歳以上のビジネスパーソンも転職ができる時代に変わりつつある。そんな35歳以上の大人が転職する際、人生の重要な決断を失敗しないためには、どのように行動すればよいのだろうか。これまで数多くの人の転職を成功に導いてきたキャリアコンサルタントの丸山貴宏氏が、実践に役立つ35歳以上の転職ノウハウを教える。

「これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座」

⇒バックナンバー一覧