ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法
【第17回】 2013年8月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉澤 準特 [コンサルタント]

【実話】「たぶん」「おそらく」が悲劇を生んだ!
「推測でものを語らず、事実だけを見つめろ」。

1
nextpage

「たぶん、課長はもう帰ってこないよ」「A君なら、おそらく気づいてくれるだろう」。このような会話を聞いたことはありませんか?さて本日は、こうした「推測でものを考えることの怖さ」を、事例とともにお伝えしていきます。

Xさんと課長のやりとり。
どこが問題?

Xさん 「課長、クライアントから連絡があって、明日の金曜までに見積書をメールで提出してほしいとのことです」
課長  「わかった。何時までに送ればいいのかな?」
Xさん 「来週の会議で使うと言っていたので、実際は週明けに確認するのでしょう。週末でも大丈夫だと思いますよ」

 一見すると何気ない会話ですが、この翌週、課長はクライアントからクレームを受けてしまいます。それはなぜでしょうか。

 先ほどのやりとりには客観的な事実と主観的な推測が交ざっています。クライアントが「金曜までに見積書を送ってほしい」と言ったことは事実です。しかし、それをXさんが「週明けに確認するのでしょう」と勝手に推測しています。

 実際には、クライアントの担当者は週末に出社して見積書の内容を整理しようと考えていたのです。

 結果として、日曜に出社した担当者はメールボックスのどこを探しても見積書を見つけられず、月曜朝に向けたとりまとめができなくなったため、その週の作業スケジュールが大きく遅延しました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    吉澤 準特(よしざわ・じゅんとく) [コンサルタント]

    外資系コンサルティングファーム勤務。
    専門領域において、日本支社のリーダーを務め、ビジネスからシステムまで幅広くコンサルティングを手がける。
    プロジェクトマネージャーとして、数百億円規模のシステム運用改善、あるいは組織改革、人材育成に携わることも多い。ITサービスマネジメントの世界基準である、ITIL Managerの有資格者でもある。
    業務が広範囲にわたるため、組織の責任者、中間管理職、現場担当者といった、あらゆる層を対象としたコミュニケーション・折衝の経験が豊富。社内の新人研修責任者を務めたこともあり、新人コンサルタント育成の手法についても詳しい。そうした新人からベテランまでの人材育成経験をベースに、「4つのスキル」("聴く"、"伝える"、"段取る"、"動かす")をコアとする仕事術が誕生した。


    外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法

    本連載は、現役の外資系コンサルがやっている仕事術を紹介するものです。
    「膨大な仕事量をこなし、かつ質の高いアウトプットを求められる外資系コンサルが何をやっているのか」。
    その秘密をお教えします。
    「20~30代の、これから社会の中枢を担うビジネスパーソン」や「仕事の質・スピードをよりアップさせたいビジネスパーソン」にオススメの連載です。

    「外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法」

    ⇒バックナンバー一覧