ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

ドコモが扱う「iPhone」の吉凶を、EBITDAで占う

高田直芳 [公認会計士]
【第116回】 2013年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本連載の第99回コラム(NTT編)において、「NTTドコモは別の機会に紹介したい」と述べた。その「別の機会」が今回である。

 NTTドコモ(以下、ドコモと略す)の決算短信や有価証券報告書は、経営分析のノウハウを学ぶにあたって、有用な情報が多い。「へぇ、そういう方法があるのか」と感心する。もし、読者各位で経営分析の勉強会を開く機会があるならば、ドコモは必ず加えるべき教材である。

 例えばドコモの決算短信では、次の3種類の「財務指標」が四半期ごとに開示されている。

 〔図表 1〕に示した財務指標に係る計算構造については、ドコモの決算短信などで詳細に説明されている。特にドコモのEBITDAは、教科書的な説明とは若干異なる計算構造になっているので注意してほしい。

 〔図表 1〕にある指標を突破口にして経営分析などを学ぶと、奥行きが広まるであろう。今回は〔図表 1〕のうち、EBITDAに注目する。

 本連載の第12回コラム(ソフトバンク編)において、筆者は、「EBITDAはメタボリック指数だ」と述べた。今回は視点を変えて、EBITDAに潜む問題点を掘り下げてみたい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧