ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
データ分析ってこうやるんだ!実況講義
【第3回】 2013年9月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉本佳生

若者の免許離れは本当に起きているのか?
ミクロとマクロを組み合わせて分析しよう【後編】

1
nextpage

身近な統計数字を使ってデータ分析のプロセスや読み誤りのコツを学ぶ吉本佳生さんの新刊『データ分析ってこうやるんだ!実況講義』の一部をご紹介する本連載の第3回は、「若者の免許離れ」をテーマとした後編をお送りします。カーシェアリングなどが広がる一方、特に若者の“クルマ離れ”が叫ばれて久しいですが、本当にそうなのか?ミクロとマクロ両面のデータ分析を通じて、女性の免許取得率の低さが明らかになったので、その理由解明や対策を考えるべく、更に分析を続けましょう!

日本で女性の免許取得率が男性より低い理由

 若者に限らず、運転免許保有者の女性比率の推移を全年齢で調べると、1970年以降、順調に高まってきました。

 子育てのためには、お母さんもクルマが運転できるほうが便利だからという側面もあります。しかし、晩婚化や出生率低迷などの問題も指摘されていますから、運転免許保有者の女性比率について考えるなら、女性の生活よりも仕事のほうに注目すべきでしょう。

 日本の労働力人口の女性比率の推移をみると、月ごとで小刻みに変動し、1990年ごろ〜2000年ごろの10年間は伸び悩んでいましたが、長期トレンドとしては、女性労働の活用が進んできました。そして、働く女性が増えれば、運転免許を取る女性も増えやすいという関係は、論理が単純であるがゆえに、強力に働いていると考えられます。

 若者における運転免許保有者の女性比率が、人口の女性比率に近づく動きが足踏みをしている理由も、日本における女性労働の状況をみればわかります。そもそも、昔と比べて女性労働の活用が進んできたとはいえ、国際比較をおこなうと、日本の職場はまだ圧倒的に“男社会”であるとわかります。

図表1では「男性の労働力率を100としたときの女性の労働力率(人口に占める労働力人口の比率)」と「就業者に占める女性の比率」を、日本と欧米諸国で比べています。働く意欲があって、すぐに働ける状態にありながら職を得ていない失業者も、労働力人口にふくまれます。

 就業者に失業者を加えた労働力人口で女性比率をみたものが、上図です。他方、就業者だけで女性比率をみたものが下図です。

 なお、図表1と、あとに出てくる図表3のデータは、独立行政法人労働政策研究・研修機構が毎年発行している『データブック国際労働比較2013』に基づくものです。同機構のホームページからもデータを得ることができます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


吉本佳生

 

エコノミスト・著述家。1963年三重県紀北町(旧・紀伊長島町)生まれ。名古屋市立大学経済学部卒業、住友銀行勤務を経て、名古屋市立大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。広島市立大学国際学部専任講師、南山大学経済学部助教授(准教授)などを経て、2012年から関西大学会計専門職大学院特任教授。 著書に、『金融工学の悪魔』(日本評論社)、『金融広告を読め』(光文社新書)、『スタバではグランデを買え!』『金融商品にだまされるな!』『クルマは家電量販店で買え!』(以上、ダイヤモンド社)、『無料ビジネスの時代』(ちくま新書)、『数字のカラクリを見抜け!』『「世界金融危機」のカラクリ』(以上、PHPビジネス新書)、『確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり』(講談社ブルーバックス)、『日本経済の奇妙な常識』『日本の景気は賃金が決める』(以上、講談社現代新書)、『これから誰に売れば儲かるのか』(幻冬舎)などがある。主に2009年に放送されたNHKの経済学教育番組『出社が楽しい経済学』の監修・出演者。専門分野は、生活経済、国際金融、金融経済(ファイナンス)。

 


データ分析ってこうやるんだ!実況講義

ビッグデータ時代の到来がさけばれ、データ読解・活用力がますます問われ始めています。危機感を高めている文系ビジネスパーソンに対して「統計学がわからなくても大丈夫! 基礎的なデータ読解力があれば、仕事にも十分応用できる!」と力強いエールを送るのは、数多くの著書で鮮やかなデータ解析力を披露するエコノミスト吉本佳生さんです。本連載では、身近なデータを使いながら読解プロセスや読み誤りを防ぐコツをまとめた、吉本さんの新刊『データ分析ってこうやるんだ!実況講義』のエッセンスをご紹介していきます!

「データ分析ってこうやるんだ!実況講義」

⇒バックナンバー一覧