ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

ものづくりが社会と文明を変え歴史をつくる

上田惇生
【第113回】 2009年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
ポスト資本主義社会
ダイヤモンド社刊
2100円(税込)

 「資本主義と技術革新が世界的な現象となるうえで欠かせない重要な要件が一つあった。それが1700年ごろかその少し後、ヨーロッパで広まった知識の意味の変化だった」(『ポスト資本主義社会』)

 古来、知識の意味について、理論は2つしかなかったとドラッカーは言う。賢人ソクラテスは、知識の役割は知的、道徳的、精神的な成長を図ることにあるとした。

 ソクラテスのライバル哲人プロタゴラスは、知識の役割は何をいかに言うかを知ることにあるとした。道教と禅宗では自己認識であり、儒教では何をいかに言うかを知ることだった。

 東西両洋において、知識が意味するものについて二派の対立があったものの、意味しないものについては完全な一致があった。それは行為にかかわるものではなかった。効用を与えるものは知識ではなかった。技能だった。ギリシャ語にいうテクネだった。

 ところが1700年以降、わずか50年のあいだにテクノロジー(技術)が発明された。テクノロジーという言葉そのものが象徴的だった。それは秘伝の技能たるテクネに、体系を表す接尾語ロジーを付けた言葉だった。

 こうしてものづくりが文明を変え始めた。

 「数千年にわたって発展してきたテクネすなわち秘伝としての技能が、初めて体系化され公開された。これこそが、やがてわれわれが産業革命と呼ぶことになったもの、すなわち世界的規模で引き起こされた社会と文明の転換の本質だった」(『ポスト資本主義社会』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧