ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外国人が同僚・取引先・ライバルになったら?「グローバル」と仲良く付き合う方法

現地社員の過度な賃上げ要求で人間不信に!?
日本人たった1人の「海外赴任の実態」

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]
【第5回】 2013年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近は企業の海外進出が盛んになったことに伴い、アジアを中心とした国々に赴任、駐在する方が多くなりました。かつては、海外で生活をした経験のある帰国子女などが選出される人材の中心でしたが、いまや英語が全く話せないような人でも、ある日突然、海外赴任、駐在を命じられることも珍しくありません。

 では、ある日突然、海外転勤をすることになったら、どんな生活、仕事、人間関係が待っているのでしょうか?今回は、実際に海外赴任、駐在を命じられ、現地法人で仕事をすることになった方の事例(ベトナム、インド、シンガポール)をご紹介しましょう。

会社を辞めようと思ったときに
舞い込んできた「ベトナム駐在」

 Aさんは、新卒で入社して以来働いてきたこの会社を退職しようと考えていました。そこで、悩みながらオーナーのもとへ相談に行くと、こんな言葉が返ってきました。

 「お前がそろそろ仕事に飽きているのはわかっていた。じゃあ、新しいチャレンジをしてみるのはどうだ?」

 そうして、オーナーはAさんに、ちょうど買収したばかりのベトナム現地法人での駐在の話を持ちかけたのです。

 Aさんはリーダー、マネジャー、シニアマネジャーと成長の階段をのぼってきたものの、30歳を過ぎてからはチャレンジの機会を失っていました。リーマンショック後に辞めようと思いましたが、ここで辞めるのも何か格好がつかないと踏ん張り、その後景気も回復。しかし、危機が去るとすっかり仕事がマンネリ化してしまい、退屈してしまっていたところでした。

 そんなときに舞い込んだ駐在の話だったため、ベトナムには行ったこともありませんでしたが、一度まずは出張に行かせてほしいと話をし、出張することになりました。

 気候も良く、食べ物も合う。そして何よりベトナムの活気ある様子に惹かれました。若者、子どもが多く、とにかく活気があるのです。この様子を見て、これはやり甲斐がありそうだとAさんは確信し、駐在を決めました。思ったよりもホーチミンは発展しており、さらに日本からは直行便があるため、何かあれば日本にもすぐに戻って来られるという良さもありました。

 しかし、出張ではなく、駐在してみて初めてわかったことがあります。そこそこ英語には自信のあるAさんでしたが、思いのほか、英語が通じないのです。当初、ベトナム語は一切わからない状態だったものの、なんとか会話ができるようにと、今はベトナム語も勉強をしています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]

宮城県生まれ。東北大学経済学部卒業後、人材総合サービス・株式会社インテリジェンスに入社。同社にて人材紹介事業の立ち上げに参画し、営業、企画、カウンセリングを行う。その後、キャリアコンサルタントチームの運営と教育を任され、人事部採用担当として、数百人の学生、社会人と面談。キャリアカウンセリングによって適職へと導いた人材は3500名超、キャリア講演回数は100回以上に達する。インテリジェンス退社後、2005年1月、個人と企業をマッチングする人材サービス・株式会社キープレイヤーズを設立。著書に『絶対に後悔しない転職先の選び方』などがある。


外国人が同僚・取引先・ライバルになったら?「グローバル」と仲良く付き合う方法

“普通の日本人”にもとっても、「グローバル」が当たり前の時代になりました。英語が話せないから…、海外には旅行でしか行ったことがないから…と躊躇していては生き残れません!この連載では、誰もが無縁ではない「グローバル」と仲良くし、共に生き残る方法を考えます。

「外国人が同僚・取引先・ライバルになったら?「グローバル」と仲良く付き合う方法」

⇒バックナンバー一覧