ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

電子書籍と書籍の電子化の発展への期待

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第298回】 2013年10月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

書籍の有料電子データ化が禁止に
残念な「自炊代行」差し止め判決

 9月30日、東京地方裁判所は書籍を電子データ化することを有料で請け負う「自炊代行」の適否が争われた訴訟に対して、東京都内の代行業者2社による著作権(複製権)侵害を認めて、複製の差し止めと合計140万円の損害賠償の支払いを命じた。

 業者側は、「顧客の代わりに複製を補助しているだけだ」と主張したが、東京地裁は「顧客は本を送付した後の作業に全く関与せず、業者が主体となって複製を行っていると判断し、法律が許す『私的複製』ではない」と判断した。

 率直に言って、これで今後、自炊代行業者による複製が不可能になるとすると、大変残念な判決だ。

 いわゆる自炊の場合、すでに本は買われていて、購入代金は支払われているわけで、電子データ化されること自体が直接的に著者にとって不利益になるわけではない。

 一方、データ化された書籍が第三者に有償ないし無償で渡され、流通するようなことがあれば、書籍の売り上げにとってマイナスになることは十分考えられる。この場合は、著作権を侵害していることも間違いないし、経済的にも著者の利益を大きく損なっている。

 しかし、電子データ化自体は、個人が私的に、まさに自炊を行ってデータを作る場合にも行われているのであって、自炊を「代行」すること自体が悪いわけではない。

 書籍データを不当に流通させることに関して、その行為を禁止して違反があれば罰するし、もちろん損害賠償の対象にもなる、ということでいいのではないだろうか。この行為を禁止することについては、筆者も反対するつもりは全くない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧