HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ココロを癒せば会社は伸びる

ココロのケアで、若手社員の離職を防ぐ!

川西由美子 [EAP総研株式会社 代表取締役社長]
【第5回】

 2003年の5月には、「健康増進法」という法律がスタートしました。

 この中では、企業が従業員のココロを癒すのは当たり前のこととして書かれています。

 こうした流れを受けて、ココロのケアの考え方そのものも、ここ数年で少しずつ変わってきています。

 以前は、「精神衛生」という言葉が一般的でした。これは、病気になってしまった一部の社員たちが対象で、彼らが病気を克服し、立ち直るにはどうすればよいかを考えるものでした。

 それに対し、最近では「精神保健」という言葉が広まってきています。これは従業員がうつなどココロのトラブルになるのをいかに予防するか、または、うつになってしまった人がそれ以上悪化させるのを防ぐことを目的にしています。

 これからのココロのケアは、この「予防」が最大のキーワードなのです。

「0(ゼロ)次予防」
がキーワード

 私たちココロの専門家が、予防という言葉を使うときには、4つに分けることができます。

 まず「1次予防」。これは、元気な人が病気にならないようにしたり、元気な状態を持続させたりするものです。これは要するに、病気にさせないということ。みなさんが予防と聞いてイメージするのがこの1次予防でしょう。

 続いて「2次予防」。これは、すでに病気になってしまった人を悪化させないようにします。

 「3次予防」は、一度病気を克服して職場に復帰した人が、病気を再発させないようにすることを目的にします。

 そして、もっとも重要なのが「0(ゼロ)次予防」です。

 1次から3次までは、従業員本人に対するケアを対象にしています。それに対し、0(ゼロ)次予防は、従業員を心の病気にしないために、組織としてマネジメントすることを指します。つまり、従業員が働きやすい「環境」を整えて、従業員をいつも元気にキープするということです。

 たとえば、窓の小さい暗い部屋で1日中座ったまま仕事をしていれば、集中力や注意力も落ちるし、病気にだってなってしまいます。

 高層ビルの中や地下にオフィスのある会社には難しいことかもしれませんが、たとえば理想的な姿として、窓が大きくて光がたくさん差し込み、風通しもよく、ときどきコーヒーの香りが漂うような環境に変えるとともに、ココロのケアの啓発を進め、いつでも気軽に相談できる雰囲気にする――このように、従業員にとって気持ちのいい環境を整える「0(ゼロ)次予防」は、これからの企業にはますます重要になっていくでしょう。

すぐに辞めていく
若手社員たち

 会社を辞めてしまう人のうち、入社2、3年目の若手社員の確率がとても高いのを知っていますか?

 たとえば、システムエンジニア(SE)を希望する若者の中には、どちらかというとコミュニケーションが苦手で、機械と会話するほうが好きという人が多くいます。

1 2 3 >>
このページの上へ

川西由美子 [EAP総研株式会社 代表取締役社長]

EAP業界の草分け的存在としてストレス対策に関するテレビ、ラジオ、雑誌のコーディネートをはじめ、企業内の「ココロの健康管理」に関する組織規約づくり、臨床心理士の派遣、社員教育などの講習活動を行っている。また、医療機関や健診機関との積極的な提携を行う一方、プロスポーツ選手などのメンタルトレーニングシステム開発などのメンタルヘルスケア産業の開拓を行っている。
URL: http://www.kawanishi-yumiko.com
URL: http://www.eapjp.com


ココロを癒せば会社は伸びる

成果主義を採用する企業が増える中、一方でその弊害も出つつある。「心」のケアをおろそかにしないことこそが企業の活力の伸ばすポイントだ。

「ココロを癒せば会社は伸びる」

⇒バックナンバー一覧