ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第19回】 2013年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

「あ、これは本物の本だな」と思ったんです
【佐々木圭一×鈴木おさむ】(前編)

1
nextpage

売れっ子放送作家とコピーライターによる、伝え方の共通項とは?45万部を超えたベストセラー『伝え方が9割』の佐々木圭一氏と、秋元康氏との共著『天職』が大きな話題となった、放送作家の鈴木おさむ氏が意気投合。二人の対談をお届けします。
(取材・構成/上阪徹 撮影/石郷友仁)

「できる人」に共通していること

鈴木おさむ(すずき・おさむ)1972年千葉県生まれ。大学在学中の19歳でデビュー。「SMAP×SMAP」「お試しかっ!」「Qさま!!」など数々の人気番組の構成を手がける。主な著書に、『ブスの瞳に恋してる』『テレビのなみだ~仕事に悩めるあなたへの77話~』『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』がある。
鈴木おさむオフィシャルブログ http://ameblo.jp/smile-osamu

佐々木 以前、おさむさんの著書『テレビのなみだ』を読ませていただいて、これが本当に面白かったんですが、秋元康さんとの対談が本になった『天職』がまた面白くて。読んだら折った耳だらけになってしまいました(笑)。ここまで濃い対談って、なかなかない。

鈴木 本当ですか。秋元さんは放送作家の大先輩ですから、最初はどうなるんだろうと思いました。それまでも何度か会ったことがあったんですが、いつも異常な緊張感が走るんですよね。ところが去年、AERAで対談したとき、初めてちゃんとしゃべれた気がしました。秋元さんも聞いてみると、意外にいろんなことをしゃべってくれて。これがきっかけで本を作ることになったんです。

 実はこの本はびっくりすることがひとつあって、最初に『天職』というタイトルもテーマも何も決まっていなかったんです。秋元さんも「決めなくていいよ」と。でも、すごいなぁと思ったのは、「天職」という言葉は最初からキーワードとして出てきていたんですよね。
 これは、仕事ができる人の共通点でもありますけど、フワーっとしながら、実は最初からゴールが見えているんです。秋元さんも「決めなくていい」と言いながら、ゴールが見えているのに、僕に遊ばせた、みたいな感じがしたんです。

佐々木 なるほど。

鈴木 面白い人だなと改めて思いました。だから、僕も普段はあまり言わないことを言っちゃったし、秋元さんも僕が聞くと何でも教えてくれた気がします。『情熱大陸』の取材だったら言わないだろう、みたいなことも(笑)。

佐々木 やっぱり面白い人に会わないと、ですよね。

鈴木 今、ちょうど「新しい人との出会いを求めよう月間」なんです。でも、びっくりするような出会いもあるんですよね。
 雑誌や新聞に連載コラムを持っている若い女性とこの間、何人かで一緒にご飯を食べたんです。以前あるイベントで対談をした時、登壇を終えて会場から出てきたら、突然、僕のところに走ってきた女性がいまして。

 それが、次の対談に登壇する女性でしてね。登壇前の慌ただしいときなのに、挨拶をされて、自己紹介をされて。それで後からメールもくれて。面白い人だな、と思って、共通の知り合いもいたので、食事をすることにしたんです。
 自分の夢を叶えていきたい、と言っていましたね。でも、自分の登壇直前に僕のところに走って挨拶に来るって、なかなかできない。こういうのも、できる人のポイントかもしれないですね。僕もけっこう、ガツガツ行っちゃうタイプですけど。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧