ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第18回】 2013年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

2013年は、話しベタ日本人の「伝え方元年」

1
nextpage

オリンピックを東京に決めたプレゼンの伝え方、DJポリスのやんちゃな若者を動かした伝え方、半沢直樹をはじめとするドラマの決めセリフ、「伝え方が9割」をはじめとするコミュニケーションの本の大ブーム。2013年は「伝え方元年」。伝えベタな日本人が、伝え方を身につけはじめ、社会現象となった年となりました。

国際舞台にて、伝え方で勝った日本

滝川クリステルさんのプレゼンは、日本の「お・も・て・な・し」の心を印象的にアピールしました。
写真:代表撮影/AP/アフロ

 2020年大会のオリンピック東京招致決定が画期的だったのは、東京にオリンピックが来ることだけではありません。伝えベタな日本がプレゼンで勝ったということが画期的なのです。この現代で、国際舞台にて日本が伝え方で勝った歴史的な出来事となりました。

 2016年大会のオリンピック招致で、日本は敗北しました。でもそのときと日本の持っている武器は変わっていません。「安全性」「施設」「十分な資金」。安全性という点でいうなら、2016年のほうが国際的には信頼度が高かったかもしれません。まったく同じものを持っていたのにも関わらず、今回勝利したのは、まさに伝え方でした。

 このプレゼンには人が票を入れたくなる技術が使われています。「相手の好きなこと」です。安倍首相のプレゼンでの締めのコトバは、要約すると以下でした。

 「東京を選ぶということは、スポーツで世界をより良くしようとする国を選ぶことです」

 IOCの実現したいことは、その憲章にも書かれていますが、スポーツを通して世の中を良くすることです。つまりIOCが実現したいこと、好きなことを実現できると語ったのです。一方で強敵と言われていたマドリードの締めのコトバは、「私たちは選ばれる権利がある」と要望をそのままにしたものでした。もちろん締めのコトバだけで決まったのではありませんが、プレゼンの最後のワードは最も強烈な印象を植えつけるものでもあります。IOC委員からすると、票を入れたい気持ちにさせられたのは日本だったのでしょう。結果もそうなりました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧