ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

健康のためのヨーグルト、空腹ジョギングに要注意
男性が意外と知らない食べ物の常識・非常識

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第37回】 2013年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 つい先日、思わずメモをしてしまった肉食男子の名言があった。

 「食物繊維は肉でとる!!」

 「…それって、ただの筋だよね?食物繊維ではないよね?」とおもわず笑ってしまった。確かに、筋っぽい肉を食べれば、なんだか食物繊維がとれたような気になるのもわからないでもない。けれど…食品成分表を開いてみても肉類の食物繊維の欄にはやはり「0」ばかりが並んでいる。

 もちろん、こんなふうに認識している人は少ないとしても、「食物繊維が豊富な食品は?」と聞かれたらどうこたえるだろう。また、食物繊維が不足すると便秘になるのはよく知られているが、それがやがて「痔」という症状まで引き起こすことを認識している人はどれくらいいるだろうか。

 この連載をよく読んでくださっている方にはもうお馴染みの、という感じだが、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、それぞれ働きが異なっている。「食物繊維は肉でとる!」ではないが、繊維というと筋状のものを想像してしまいがち。しかし、ネバネバなもの、水に溶けるタイプのものまで、いろいろある。

 たとえば、こんにゃくに代表されるグルコマンナン、こんぶやわかめなどの海藻類に多いアルギン酸、果物に多いペクチンなどの食物繊維は水溶性食物繊維で、高脂血症・高血圧の予防、血糖の上昇を抑制、発ガンのリスクの軽減、などの働きがあげられる。一方、不溶性の食物繊維には豆類や穀類のセルロース、穀類のふすまなどにあるリグニン、ごぼうなどのイヌリン、カニやエビの殻のキチンなどがあり、便秘や大腸がんの予防、有害物質の排泄作用、あごの強化、虫歯の予防、などの働きがある。

 便秘のときには食物繊維を、と一言でいっても、食物繊維が含まれるものならなんでも良いというのではなく、不足しているものを補うことが大事である。一般的に、食物繊維は意識していないと不足しがちだ。「日本人の食事摂取基準」(2010年版)では、今後5年間の成人の食物繊維目標量を男性1日19g、女性は1日17g以上としている。きちんと形と量がある排便が定期的にない場合には、体はもっと必要としていると考えて良いだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧