ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石川和男の霞が関政策総研

大飯など3原発再稼働で年1兆円超の利益
廃炉、東電支援、自然エネルギー育成に充てろ

石川和男 [NPO法人 社会保障経済研究所代表]
【第8回】 2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

料金値上げは消費者や
事業者にとって大きな負担

 関西電力は、政府の認可を受けて、2013年5月に家庭向けを平均9.75%、企業向けを平均17.26%、電気料金の値上げをした。

 大飯原子力発電所など関電の原発の稼働率が著しく低下したことによって、原発代替としての火力発電向けに巨額な追加燃料費が発生したことが原因である。それは主として、LNG(液化天然ガス)輸入の急増によるものだ。

 値上げ以前の料金の原価構成では火力発電向け燃料費は年間4685億円(08年ベース)であったが、値上げ以後の料金の原価構成では火力発電向け燃料費は年間9023億円(13~15年度平均)となる。

 関電としては、人件費や修繕費の削減など経営合理化策を講じたが、料金を構成する総原価に占める火力発電向け燃料費の割合が、34%と最大かつ突出していることもあって、経営合理化策だけではとても吸収し切れない。そのため、政府への値上げ申請に踏み切ったわけだ。

 料金の値上げは、消費者の社会生活や事業者の経済活動に大きな負担を強いることになる。今や電気は、経済社会において必需財だ。よほどの事情がない限り、料金の値上げは許されるものではない。

事故を起こしていない原発停止は
世界標準からしても異常事態だ

 戦後日本の電気事業の歴史を見ると、1973年の第一次石油危機以降、電気料金は概ね漸減傾向で推移してきた。1996年に導入された燃料費調整制度(LNGや石炭など化石燃料の輸入価格の変動を電気料金に反映させる仕組み)による料金変動はあるが、本格的な値上げのための料金改定は、震災後の原発停止によるものが初めてである。

 東日本大震災における東京電力福島第一原発の事故後、事故を起こした同1~4号機が事故の処理や廃炉への対応のために、事故後は再稼働させないのは当然のことだ。

 しかし、事故を起こしていない他の原発まで再稼働を許さないのは、事故対応としても、世界標準からしても、異常事態だ。電力需要家も電力会社も、その煽りをもろに食らっている。原発を保有する電力会社においては、原発の稼働・停止に係る帰趨は、経営動向のみならず、自社管内の需要家の負担動向を大きく左右する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石川和男 [NPO法人 社会保障経済研究所代表]

1989年3月東京大学工学部卒業。同年4月通商産業省(現経済産業省)入省。資源エネルギー庁、生活産業局、環境立地局、産業政策局、中小企業庁、商務情報政策局、大臣官房等を歴任。2007年3月経済産業省退官。08年4月東京女子医科大学特任教授(~10年3月)。09年1月政策研究大学院大学客員教授。09年4月東京財団上席研究員。11年9月NPO法人社会保障経済研究所代表。ツイッター:@kazuo_ishikawa ニコ生公式チャンネル『霞が関政策総研』、ブログ『霞が関政策総研ブログ』


石川和男の霞が関政策総研

経済産業省の元官僚として政策立案の現場に実際に関わってきた経験と知識を基に、社会保障、エネルギー、公的金融、行政改革、リテール金融など、日本が抱えるさまざまな政策課題について、独自の視点で提言を行なっていく。

「石川和男の霞が関政策総研」

⇒バックナンバー一覧