ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

転職は「第一印象で決まる」わけではなかった
面接結果は「第二印象」で8割決まる!

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第10回】 2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

第一印象がイマイチでも大丈夫
合否を左右する「第二印象」とは?

 「人間は第一印象が大事」とよく言われます。もちろん面接でも第一印象は非常に大切ですが、これだけで採用が決まることはありません。それ以上に採否に影響を与えるのが「第二印象」です。私が命名しました(笑)。

 第二印象とは面接がはじまってから10分程度で相手に与える印象のことです。第一印象で面接官は「この応募者はこんな人かな」と予測を立て、その予測を検証した結果が第二印象になる、というイメージでとらえるとわかりやすいと思います。

 第一印象でしっかりした印象を受ければなぜしっかりした印象を受けたのかを確認していく質問が出てきますし、なにか暗い印象を受ければ「何か事情があるのかな?」と探るような質問が中心になってきます。この場面での質問の特徴は「なぜ」「どうして」が多くなることです。

 こうした質問への答えに対して面接官が受ける印象が第二印象で、「なぜ」「どうして」への答えがしっかり的を射て納得性のあるものであれば、第一印象を第二印象が上回り、面接は合格のゴールへと向かいだします。

 最初の印象はいま一つだったのに、話しているうちに「この人、いいな」と第一印象と第二印象がいい意味で異なってくるケースはたくさんあります。私の印象では第二印象がOKな人は8割方合格となり、ノーとなった人がそこから復活するのは非常に困難です。

以前にもお話ししたように、1日で4人、5人とたくさんの応募者と会う面接官はあまり相手の話を聞いていません。それは集中力の点で不可能だからです。ではどうしているかというと(多くは無意識のうちに)、最初の10分くらいで「この人の話を聞くかどうか」をジャッジしているのです。

 要はどのくらいのエネルギーをかけてその人の話を聞くかを決めているということで、面接官が「この人はとてもいい。もっと掘り下げてみよう」と思うか、「この人はちょっとうちではしんどい。でも15分で帰すのは失礼だから20分ぐらい話を聞いたら帰ってもらおう」と思うかどうか。それが決まるのが第二印象というわけです。

 したがって、面接では第二印象のジャッジをクリアする意識を持つ必要があります。少なくとも「いま一つよくわからないけど、もうちょっと聞いてみよう」、できれば「もっとこの人の話を聞きたい」と思わせなければいけません。面接官の興味のエネルギーをあげなければならないのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

かつては「35歳が限界」と言われた転職。しかし今では35歳以上のビジネスパーソンも転職ができる時代に変わりつつある。そんな35歳以上の大人が転職する際、人生の重要な決断を失敗しないためには、どのように行動すればよいのだろうか。これまで数多くの人の転職を成功に導いてきたキャリアコンサルタントの丸山貴宏氏が、実践に役立つ35歳以上の転職ノウハウを教える。

「これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座」

⇒バックナンバー一覧