ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?
【第3回】 2013年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
田中慎一 [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役],保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

集計屋さんの延長線上では、
ベンチャーのCFOは務まらない
株式会社アイスタイル取締役兼CFO・菅原敬 氏(1)

1
nextpage

日本のレビューサイトの草分け的な存在である@cosme(アットコスメ)を運営する株式会社アイスタイル(以下、アイスタイル)。1999年にスタートした化粧品のレビューサイトは今や260万人の会員を抱える我が国有数のインターネットメディアに成長し、2012年には東証マザーズへの上場も果たし(その後、東証一部へ市場変更)、特定の業界に特化したインターネットメディアとして確固たる地位を築きつつある。ところが、順風満帆だったかのように見えるアイスタイルも創業当初からずっと苦難の連続だったという。今回は、同社CFO(最高財務責任者)である菅原敬氏に、どのように困難を乗り越えてきたのかについて話を聞くことを通じて、「CFOが備えるべきエッセンスは何か」というテーマについて迫った。

コンサルティングファームで働きながら
アイスタイルの創業を手伝う

田中 菅原さんがアイスタイルに入られるまでの経緯について簡単に教えてください。

菅原 私はちょっと変わっていまして、日本の大学を卒業後、社会人経験がないまま海外のビジネススクールへ行っているんです。イギリスの中堅校だったんですけど、ちょっと箔をつけないと就職できないと思いまして。留学後に短期就労ビザを取得して、イギリスの化学メーカーで財務アナリストの仕事も少しやっていました。また、ビジネススクールの事務局のお手伝いもしていたんですが、その仕事で日本へ一時帰国したときに就職活動をして第二新卒でアクセンチュアに入社しました。

菅原 敬(すがわら けい)
英国国立ブリストル大学経営修士(MBA)修了後、1996年にアンダーセンコンサルティング(現・アクセンチュア)に入社。1999年にアイスタイル創業に参画。2000年にアーサー・D・リトル(ジャパン)に入社し、主にハイテク/通信企業に対する各種戦略立案のコンサルティング業務に携わる。2004年よりアイスタイル取締役就任。2011年よりアイスタイルCFO。

田中 アクセンチュアで経営戦略に関するコンサルティングをしていたわけですね。

菅原 最初の仕事は戦略領域ではなく、オペレーション領域でした。1990年代はBPR(=Business Process Re-engineering)を盛んにやっていたんですね。アクセンチュアのBPR部隊で様々なプロジェクトにかかわっていました。何度か希望する戦略チームへの異動の話もあったんですけど、コンサルティング会社は基本的にパートナーの個人商店の集まりですから、私は上司のパートナーに囲われてしまって動けなくなってしまいました。そこで、戦略ブティックに転職しようと思ったんです。いくつかオファーをいただきましたが、その中でもアーサー・D・リトルというブティックファームへ移りました。そこで約4年間、戦略コンサルティングの経験を積んでからアイスタイルの経営にフルタイム参画しました。

田中 当時、生粋のベンチャー企業であるアイスタイルに参画後、何年か経ってからCFOになっていますよね?

菅原 アイスタイルという会社は1999年に立ち上がったんですけれども、実際のところ、私は創業準備から手伝っていたんですよ。当社の現社長である吉松がアクセンチュアの同期同僚で同じプロジェクトに長く関与していたものですから、私は彼に自然に巻き込まれたという感じです。事業計画書の作成はもちろん、資金調達についても一緒にベンチャーキャピタルなどの投資家を回ってプレゼンテーションをしていました。私自身は、プログラミングの専門家ではないんですが、我々が最初に立ち上げたサイトである@cosme(アットコスメ)の最初の開発やテストなども手伝っていました。

田中 コンサルティングファームでのハードワークと併行してよくできましたね。

菅原 コンサルタントやバンカーって、キャリアを積んでいくと、自分もいつか実業の世界へ行きたいという想いに駆られる“事業会社に行きたい病”を発症しますよね。2000年からは非常勤取締役として名前を連ねていましたし、私ももれなくその症状にかかってしまいました(笑)。やはり、ひとつのプロジェクトが終わるたびに、いよいよ事業会社へ行きたくなってしまうんですね。コンサルティングファームからは外資系の大手事業会社へ転職する例の方が多いと思うんですけれども、私としては経営をやりたいという思いがとても強かったので、2004年、ベンチャーであるアイスタイルの経営陣として参画しました。とはいえ語弊を恐れずに言うならば、当時のアイスタイルは潰れかけていたんですよ(笑)。でも、創業者の2人が何とか会社を潰さないように必死に頑張ってきたのをずっと見ていたので、どうせ実業の世界へ行くんだったら、大変なベンチャーに自分から突っ込んでみたくなったんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

田中慎一(たなか・しんいち) [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役]

1972年生まれ。大学卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券などを経て独立。監査法人で上場企業の会計監査、IPO支援やデューデリジェンス業務、証券会社の投資銀行部門ではM&A、事業再生、資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、財務戦略に関するコンサルティングサービスを提供するほか、ベンチャー企業・中小オーナー企業の社外役員を務める。著書に『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』『あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座 』(いずれもダイヤモンド社)などがある。趣味は料理とトライアスロン。

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?

会計やファイナンスに関する知識の重要性は多くの人が主張しており、ここで改めて言うまでもありません。しかし、社長やCEO、CFOになるまでの人は、実際にどのように会計やファイナンスを使っているのか、あるいは勉強をしてきたのかは意外と知られていないものです。この連載では一般社員がなかなか知ることのない、経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫ります。

「「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?」

⇒バックナンバー一覧