ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済は世界史から学べ!
【第6回】 2013年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
茂木誠 [駿台予備学校 世界史科講師]

“アベノミクスの「世界史的意味」とは?”
日本で始まった「実験」に、世界が注目している!

1
nextpage

今年の流行語大賞の候補にもなった「アベノミクス」。この経済政策の真価はこれから問われることになりますが、日経平均株価の上昇など、すでにいくつかの成果もあがっています。さて本日のテーマは「経済政策」です。第二次世界大戦から現在までの流れを見ていきましょう。

「第二次世界大戦~現在」までの
経済政策をおさらいする

 1929年から始まった世界恐慌は、デフレ(通貨不足)が原因で起こりました。そこで各国は、財政出動(公共投資)と金融政策(紙幣増刷)で通貨を供給しようとします。高橋是清の財政政策(日本)、ニューディール政策(アメリカ)、シャハトの4ヵ年計画(ドイツ)、やっていることはみな同じです。

 これをイギリスの経済学者ケインズが理論化し、ケインズ主義と呼ばれるようになりました。

 ケインズ主義と第二次世界大戦の軍需景気は、世界恐慌から各国を立ち直らせました。この成功体験から、大戦後もしばらくはケインズ主義の時代が続きます。

 日本では、新潟県の豪雪地帯出身の田中角栄首相が、「裏日本」と呼ばれ、開発が遅れていた日本海側を中心に、高速道路や新幹線で交通インフラを整備し、景気回復と中央・地方の経済格差是正をはかる日本列島改造論をぶち上げました。まさにケインズ主義です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


茂木誠(もぎ・まこと) [駿台予備学校 世界史科講師]

駿台予備学校世界史科講師。
「東大世界史、難関国立大世界史」等の講座を担当。映像を駆使したストーリー仕立ての講義は、「歴史の流れ」がわかると大好評。予備校の東大受験クラスから初学者まで、あらゆる学力の生徒を教えるテクニックがある。時事問題を歴史的な切り口から考察する『もぎせか館ブログ』を運営するブロガーとしての顔も持つ。

 


経済は世界史から学べ!

本連載は「世界史というレンズ」を通して、経済をより深く理解するというアプローチをとったものです。
経済(お金)に関する事柄は、ある日突然生まれたものではなく、歴史的な必然性を持って生まれます。
ゆえに、その歴史の必然性を知ることで、経済をより深く理解することができるのです。
増税、TPP、円高、デフレ、バブル、国債、恐慌etc。
「そのとき、何が起こっていたのか」という歴史の流れを知ることで、経済の「なぜ」「どうして」がスッキリわかるようになります。
著者は、駿台予備校講師の茂木誠氏。「東大世界史」「難関国立世界史」等の講座を担当する実力派です。
歴史の流れをわかりやすく、そして深く理解させるプロフェッショナルが、「経済を世界史から学ぶ」という試みに挑戦します。

「経済は世界史から学べ!」

⇒バックナンバー一覧