ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ここがヘンだよ 日本人の働き方 高橋俊介

働き過ぎると仕事ができない人になる!?
働くことと脳の意外な関係

高橋俊介 [慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授]
【第2回】 2013年12月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 働き過ぎると頭が悪くなると言ったら、みなさんはびっくりするでしょうか。これ、半分は冗談ですが、半分は本気です。

 心理学者ユングの説にしたがって考えると、人間が持っている脳機能をフル活用していたのはむしろ、狩猟・採集時代ではないかと思うほど。農耕が始まり、産業革命によって近代化が進むにつれ、私たちは脳機能の一部しか使わなくなってきています。

 今回はまず、そうした「脳と働き方の関係性」から書くことにしましょう。

現代人は狩猟・採集時代よりも
脳機能が退化している?

 心理学者のユングによると、人間の脳にはもともと4つの機能が備わっているそうです。その4つとは思考(Thinking)、直感(Intuition)、感情(Feeling)、感覚(Sensing)。言われてみればなるほど、ですよね。私たちは常に、この4つの機能を時に応じて使い分けながら日常生活を送っています。

 考えてみたら、かつての狩猟・採集時代はこの4つの機能をフル回転させなければ、人間は食べものを調達することができませんでした。獲物を捕るにはまず、思考力を使って作戦を練らなくてはなりません。一人では決して狩りはできませんから、仲間を集める必要もあります。仲間と協力しながら狩りをするには、意思の疎通も必要です。言葉がなくても相手の表情から感情を読み取る能力は、ひょっとすると現代人よりも古代人の方が優れていたかもしれません。

 狩りの現場では、直感力がモノを言います。獲物の気配にピンと来るかどうかで、狩りの成功率も変わるからです。厳しい自然環境から身を守るには、風に含まれるわずかな湿気さえも敏感に察知しなくてはなりません。視覚・聴覚・触覚などの五感を研ぎすまさなければ生きて行くことさえも難しいのが、彼らの世界です。

 翻って、私たちの暮らしはどうでしょうか。日夜、生命の危険に晒されることはなく、狩りをしなくても食べものが手に入るようにはなりましたが、その分、本来持っていたはずの脳機能がだいぶ鈍っています。

 IT関連の職場では、論理的な思考力を使うウエイトが非常に高い一方で、感情機能を使う場面はそう多くありません。ものづくりの職人ならば、手や皮膚の感覚は非常に敏感でなくてはならないでしょうが、オフィスワーカーの多くはそうした感覚を使わなくても、済んでしまいます。

 こうして考えると、文明化に伴う職業の専門分化は、私たちがもともと持っていた脳機能をある部分では奪う方向に働いているのかもしれません。これは同時に、ジャングルでサバイバルするのとはまったく別のリスクが増大したことも意味しています。

 脳機能の一部しか使わない生活が長く続くと、どういうことが起こるでしょうか。たとえば、最近よく耳にする「キレやすい人」。これは、感受性豊かだからキレやすいのではありません。事実はまったくその逆で、ふだん、脳の感情機能をあまり使っていないがためにキレやすい。要するに、その部分の脳が十分に鍛えられていないため、ちょっとしたことで「カッ」となってキレやすくなるのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋俊介(たかはし・しゅんすけ) [慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授]

1954年東京都生まれ。東京大学工学部航空工学科を卒業し日本国有鉄道に入社。84年プリンストン大学工学部修士課程を修了し、マッキンゼー・アンド・カンパニー東京事務所に入社。89年ワイアットカンパニーの日本法人ワイアット(現タワーズワトソン)に入社。93年同社代表取締役社長に就任。同職を退任後、個人事務所ピープル ファクター コンサルティングを通じて、コンサルティング活動や講演活動、企業の人材育成支援などを行う。2000年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任。同大学SFC研究所キャリア・リソース・ラボラトリー上席所員(訪問)を経て、11年11月より現職。

『組織マネジメントのプロフェッショナル』(ダイヤモンド社)、『人材マネジメント革命』(プレジデント社)、『21世紀のキャリア論』(いずれも東洋経済新報社)など著書多数。


ここがヘンだよ 日本人の働き方 高橋俊介

“がむしゃら”に会社のために働くことが正解だった高度経済成長期。その時代を脱し、低成長・グローバル化が進む今は、その働き方がふさわしいものではないと多くの人が認識し始めている。しかし、それでもなかなか日本企業、日本人の働き方は変わっていない。一体何か、日本人の働き方革命を阻害し、日本企業の成長を止めているのか。世界的にみて「ここがヘンだよ」と思われる日本人の働き方を明らかにすると同時に、新しい時代の働き方への処方箋を提示する。

「ここがヘンだよ 日本人の働き方 高橋俊介」

⇒バックナンバー一覧