ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

なぜ上司と若手社員の会話は言葉足らず?
主語と目的語を話さないめんどくさい彼らの事情

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第104回】 2013年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 伝えたつもりが伝わらない、何を言われているのかわからない――。そんな言葉足らずな会社の同僚・上司に悩んでいる人が、実に少なくありません。もし、あなたもそんな言葉足らずな人に指示を受ける立場になったらどうでしょう。とても大変な思いをするはずです。では、どうして言葉足らずな人たちは、きちんと説明ができない、しないのでしょうか?

 おそらくそんな人たちも、自分が伝えたいストーリーは決まっているはず。ところが、いざ話し出すと、やはり言葉足らずになってしまい、相手は「??」と理解不能な状態に陥ってしまします。では、周囲がそんな場面に遭遇したとき、彼らにはどう対処したらいいのでしょうか?

 実は相手によって言葉足らずである理由は違うため、個別の対処法を考える必要があるのですが、今回はその方法をみなさんに紹介したいと思います。

「これってどうなってるの?」
主語のない問い合わせで困惑する現場

 「主語さえあればスムーズに伝わるのに、無いから困ります」

 そう嘆くのは、住宅建材メーカーの管理部門で働いているEさん(27歳)。購買的な仕事から用途品の管理など、各種雑多な分野を任されています。ゆえに社内からの問い合わせや経営陣から頼まれる急な依頼への対処まで、仕事は多岐にわたっています。

 そんなEさんがストレスに感じている問題が1つあります。それは「主語がない問い合わせ」をしてくる同僚について。ちょうど昨日も、「主語がない問い合わせ」がありました。その主は本社の隣にある、別館に勤務している後輩社員Tさん。夕方に電話で突然、

 「これってどうなっているのでしょうか?」

 と、質問をしてきました。ただ、何を聞きたいのか、あるいは問いたいのか、まったく理解できませんでした。そこで、

 「落ち着いて話してください。“これ”は、何を指しているのですか?」

 と聞き返えすしかありません。管理部として適切な回答をするために、質問内容を正確に把握する必要があります。管理部に配属されて間もない時期、相手の要望を十分に聞かなかったため、

 「そんなことを頼んだ覚えはない。しっかりしてくれないと困る」

 と営業現場から叱られたことが何回もありました。このときの苦い経験が要望をしっかり聞き出す必要性を知る機会になったようです。ゆえに、曖昧な問い合わせがあれば、しっかりとその内容を聞き出すことにしています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧