ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第33回】 2013年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

鉄道の伝説的ライターに同行した
写真家によるフォト・エッセイ
『宮脇俊三と旅した鉄道風景』

1
nextpage

乗り鉄、撮り鉄、鉄ガール…。今も昔も根強い人気を誇る鉄道。今回は、鉄道の伝説的ライターである宮脇俊三さんに8年間同行していた写真家、櫻井寛さんによるフォト・エッセイを紹介します。

国鉄路線網の暗いイメージを
一新した宮脇俊三さん

櫻井寛著『宮脇俊三と旅した鉄道風景』ダイヤモンド・ビッグ社、ダイヤモンド社
2013年3月刊。帯コピー通りの美しい車窓風景が数多く掲載されています。

 宮脇俊三さんが『時刻表2万キロ』(河出書房新社、1978、角川文庫、1984)を出版したのは70年代の終わりです。当時、国鉄(日本国有鉄道)の労働組合が「スト権を獲得するためのスト」や「順法闘争」という名のサボタージュを連発した70年代前半を踏まえて、国鉄に対して暗いイメージを抱く国民が増えていたころでした。

 2兆円を超える膨大な債務を抱えて、国鉄は深刻な労使対立を抱えてのっぴきならない事態に陥っていました。おまけにスタグフレーション(不況下のインフレ)が進み、日本全体が暗くどんよりした気分に襲われていた時期です。国鉄民営化はこの10年後のことでした。

『時刻表2万キロ』は、なんと国鉄全線を完全に踏破した記録です。宮脇さんは時刻表を読み、読むと行きたくなって「時刻表に乗る」(同書冒頭)と書いています。「時刻表」の数字をたどりながら乗り換えを研究し、効率的な時間配分を考え、限られた日数の鉄道旅行を繰り返していたところ、残り2700キロで全線を踏破できることを意識し、全線完乗を決行したというわけです。

 宮脇さんは中央公論社の編集者、編集長を歴任し、本書出版直前は常務取締役編集局長でした。会社勤めがあるので、金曜日の夜行寝台で未乗車区間へ出撃し、制限時間いっぱいまで鉄道に乗り、日曜日の夜か月曜日の早朝までに帰宅し、何食わぬ顔で出社していたのです。

 この紀行文を勤務先ではなく、河出書房新社から出版することになり、宮脇さんは退社してフリーの物書きとなりました。1926年生まれの宮脇さんは、この年、52歳でした。

 熟練編集者の達意の文章は、ライターのお手本のような文章です。淡々と記録を積み上げ、ときにユーモアを交え、ところどころで家族の姿をすべり込ませて読者の親近感を呼びます。また。歴史・地理の教養は深く、読んで勉強にもなるのです。発売後はベストセラーとなり、日本ノンフィクション大賞を受賞しました。

 なにより、暗いイメージが蔓延していた70年代末の国鉄路線網が、急に明るい大人の知的ゲームの場に変わったのです。

 宮脇さんはその後、『最長片道切符の旅』(新潮社、1979、新潮文庫、1983)をはじめ、数多くの鉄道紀行や小説を書き、2003年に76歳で亡くなりました。2013年は没後10周年に当たります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧