ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネットで売らないHP営業術

営業マンが泣いて喜ぶホームページ活用法(その3)

吉本俊宏 [株式会社WEBマーケティング総合研究所 代表]
【第4回】 2009年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 営業マンはセールスのプロであって、集客のプロではない。仕方なく飛び込み営業を続けて新規の顧客を取ろうとするのだが……なかなかうまくいかない。

 集客の方法で、比較的低コストであるためによく使われているのが新聞の折り込みチラシだが、これも数回撒けばコストがばかにならない。そこで、一度作れば「半永久的なチラシ」として利用できるホームページで集客してみよう! というわけだ。

 今回は、「営業マンの前にお客さんを連れて来るホームページは、これ!」という事例を見ながら、情報を受け取る側がどんな内容に反応を示すのか研究してみよう。

売上倍増の塗装会社

 折り込みチラシがよく使われる業種に「塗装・リフォーム業」がある。
まず、このサイトにアクセスしてみてほしい。チラシの代わりにホームページを活用している塗装会社のページだ。
http://www.nurikaeya.jp/

 この会社は、横浜市で戸建て住宅の外壁塗装を手がけている。不景気のあおりをまともに受けている同業他社が多いなか、同社はホームページを活用することで売り上げは右肩上がり、年商はホームページの開設前に比べて倍増したということだ。ホームページを見たという人からの申し込みが毎月10件以上あるという。

 トップページに掲載された職人の笑顔や、サイドバーに置かれた社長の写真。「この会社に頼めばきっといい仕事をしてくれるに違いない」。そんなふうに感じさせる写真である。

 またサイトのいたる所に、塗装工事に対するこだわりが感じられる。

 たとえば、「塗替え屋の考えと素顔」「専門店の強み」「お客さまとのお約束」などのメッセージを読むと、会社がいかにプライドを持って仕事に取り組んでいるか、お客さんに喜んでもらうためにどれほど情熱を傾けているかがよくわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉本俊宏 [株式会社WEBマーケティング総合研究所 代表]

1964年生まれ。一橋大学商学部卒。三菱東京UFJ銀行システム部、野村総合研究所システムコンサルティング本部を経て独立し、中小企業のIT化支援を目指す「WEBマーケティング総合研究所」を設立。野村総研時代には、上級ITコンサルタントとして「セブン銀行」の設立を企画推進した。著書に『できる社長はネットで売らない』(日経BP社)。
ブログdeホームページ


ネットで売らないHP営業術

飛び込み営業や根性営業に頼らない潜在顧客開拓をホームページで実現……、といわれても何だか難しそうだが、「ビジネスブログ」は誰にでも簡単に扱える商業用ホームページとして利用者が拡大している。2000件以上の「成果の出るビジネスブログ」運営に携わってきた著者が、その成功の秘策を語る。

「ネットで売らないHP営業術」

⇒バックナンバー一覧