ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下の能力を120%引き出す「質問」の技術
【第3回】 2008年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤淳子 [(株)コーチ・エィ シニア・エグゼクティブコーチ]

部下の話は最後まで聞く

 部下に「話しにくい」と感じさせてしまう要因のひとつが、話の途中で口を挟んでしまうことです。なぜ話の途中で口を挟んでしまうのでしょうか。忙しいからでしょうか、それとも早く要点が知りたいからでしょうか。

 途中で口を挟んでしまう上司は、時間が山ほどあっても話を遮ってしまうものです。「忙しいから」は言い訳にすぎません。「早く要点が知りたい」と思うのは、話のプロセスよりも結果を重視しているからです。

 例えば、新商品をどうやって売込めばいいのか悩んでいる部下が、あなたのところへ相談にきたとしましょう。

 部下が、新商品の技術的な特徴、市場性、価格などについてどんな話をしたのか、いろいろな角度から取引先とのやりとりを報告している時に、「価格は○○円まで値引きしてもいいと言っただろう」「マーケティング部のデータを有効に使って市場性が高いことを説明したのか」などと、途中で口を挟んでしまったら部下はどう感じるでしょうか。きっと、「こんなに苦労して売り込んでいるのに少しもわかろうとしてくれないのか……」とがっかりしてしまうことでしょう。

 途中で口を挟んで「それは違う」「そこはこうすべきだ」と言ってしまうのは、いわば部下のプレーをひとつひとつジャッジしているようなものです。

 スポーツはひとつの試合のなかにさまざまなプレーがあります。そのひとつひとつのプレーがつながって、試合に勝つという目的が達成できるのです。最初のシュートを外した選手が、その失敗を活かして、2度目のシュートをきっちり決めることもあります。

 仕事も同じです。ひとつのプレーの結果が、たとえ不成功に終わったとしても、そのプロセスのなかに次につながる収穫を見出せることもあります。

 部下は部下なりに失敗から学び、次に活かそうとしています。部下が失敗から何を学んだのか、次にどう活かせばいいか話そうとしている時に、「こうすれば失敗しないのに」と口を挟んでしまったら、部下は話そうという気をなくしてしまいます。

 部下の話は最後まで聞くと決めてください。すべてを聞いてから質問しても遅くはありません。最後まで話を聞いてくれる上司には、部下は安心して話すことができます。

 上司が部下のプレーをひとつひとつジャッジする審判員になってしまうと、部下はミスを犯さないことばかりを気にするようになります。その結果、すべてにおいて上司の指示を求め、自発的に動こうとはしなくなります。

 上司は部下の言動をジャッジする審判員ではなく、相手が自発的に動けるように導くコーチとして質問してほしいと思います。

スペシャル・インフォメーションPR

スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
捨てる力 ブッダの問題解決入門

捨てる力 ブッダの問題解決入門

大喜多健吾 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、8/13~8/19)



齋藤淳子 [(株)コーチ・エィ シニア・エグゼクティブコーチ]

立教大学法学部卒。神戸製鋼を経て、1990年MSC(マネジメントサービスセンター)入社。数多くのリーダーシップ研修やコンサルティングを行う。1999年、(株)コーチ・トウェンティワン入社。2001年、(株)コーチ・エィへ。現在は、シニア・エグゼクティブコーチとして、上場企業を中心に経営者・管理職層へのトレーニング、および1対1のコーチングを実施。
コーチ・エィのホームページはこちら


部下の能力を120%引き出す「質問」の技術

マネージャーの仕事は「質問すること」だった!「どう思う?」の一言で、部下が伸びる!部下の能力を120%引き出すためのコミュニケーションスキル講座。

「部下の能力を120%引き出す「質問」の技術」

⇒バックナンバー一覧