ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

公的年金の妥当な予想運用利回り

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第59回】 2008年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「日本経済新聞」(11月11日付)の記事によると、厚生、国民年金の財政検証に使う予想運用利回りを、来年より現在の3.2%から引き上げる方向で調整中だという。

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用利回りは昨年度が6%台のマイナスとなり、今年度も現時点では大幅なマイナスと推察されるなかで、予想運用利回りが上昇するというのは「意外感」があるが、大丈夫なのか。

 予想運用利回りは、年金財政の検証を行なう目的では、運用利回りのベストの予測であることが大切だが、他方で「これを目標として年金積立金独法は翌年度からの運用資産の構成割合を決める」と日経の記事にもあるように、事実上の運用利回り目標になる。

 高い予想運用利回りを設定すると、年金財政上は将来の負担が軽く見えるが、積立金の運用でこれを達成するためには、より大きなリスクを取らなければならなくなる。予想運用利回りは、間接的に年金積立金の運用内容を決定するといえる影響力を持つ。

 GPIFの現行の基本的な資産配分計画(目標)は、国内債券が67%、短期資産が5%、国内株式が11%、外国株式が9%、外国債券が8%だ。おおまかに株式2割と債券8割だが、債券を現在の長期債利回り並みの1.5%(やや甘い想定だ)、株式がこれに5%のリスクプレミアム(ほぼ標準的な想定だろう)を乗せて6.5%として計算した利回りは2.5%で、現在の運用計画を踏襲するならば、これくらいが現実的だ。

 現状の予想運用利回りである3.2%はまったく非現実的だ。これをさらに上げることができるというのは、どういう理由なのか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧