ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

手足がほてっている人こそ要注意!?
男性に急増中「隠れ冷え性」になる人の悪習慣

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第44回】 2014年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 冷え症ならではの症状が見られるのに、「冷え症ではありません」という人は男女ともに少なくない。主となる理由は「だって、手足とか冷たくないですから」なのだが、冷え症はその類に限らない。「むしろ、ほてるくらいなんで」と言葉が続くようだったら、かえって“ビンゴ”かもしれない。

 確かに冷え症といえば、手足の末端が冷えるなど、女性に起こりがちな症状として捉えられがちだ。でも最近は、見えにくい、感じにくい冷え症が増えているように思う。特に、男性に多く見られるのは、日中のほとんどをパソコンの前で過ごすことで、血行不良から冷え症を誘発しているタイプ。また、胃腸が弱い人に見られがちなのは、手足があたたかいから気づきにくいけれど、実は内臓が冷えている、というパターン。そして、一番心配になってしまうのは、過労やストレスなどによる自律神経の乱れからくる方たち。彼らは皆、自分の身体にふれてみても「(自分が冷え性かどうか)よくわからない」というのだ。

 日中は活動量に比例して多少なりとも冷えが緩和されることもあるので、朝、起きたときに一度自分の身体に触れてみてほしい。西洋医学では、冷え症が病気として扱われることはあまりない。でも、やたらと風邪をひきやすかったり、ひいた風邪がいつまでも長引いたり、肩こりや頭痛など病気未満ではあるが不快な症状が絶えずあるならば、冷え症改善に真摯に取り組むことが、それらの症状を緩和する手立てになるかもしれないからだ。

8つの項目からわかる
あなたの冷え性度チェック

 さて、実際に触ってみて、わきの下と腰回りや太ももとの体温差がないだろうか?もしも、腰回りや太ももの体温がわきの下より低いようなら、冷え性の可能性が高いといえる。

 また、あわせて以下の項目もチェックしてみよう。

・お風呂に浸かる習慣がない
・日中、デスクワークで同じ姿勢でいることが多い
・低血圧気味で、朝起きるのがつらい
・運動習慣がない
・肩こりがひどい
・ストレスを感じている
・タバコを吸う

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧