ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

レノボジャパン社長 ロードリック・ラピ
いずれレノボはモトローラを超える
世界的ブランドになる

週刊ダイヤモンド編集部
2014年3月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界最大のパソコンメーカーである中国レノボは1月、米グーグルから29億ドル(2970億円)で傘下の老舗通信機器メーカー、モトローラを買収すると発表した。モバイル分野で急成長を続けている同社の経営戦略について、日本法人を束ねるロードリック・ラピン社長に聞いた。

Roderick Lappin/1971年生まれ、42歳。オーストラリア出身。マッコウリー大学で経営学を学び、96年に米デルへ入社。アジア太平洋地域や日本などの経営幹部を経て、07年にレノボ入社。昨年6月より本社バイスプレジデント兼レノボジャパン社長、NECパーソナルコンピューター社長に就任。

──老舗モトローラのブランド資産を活用すれば、先進国のビジネスが広がりますね。

 わずか数週間前までレノボはパソコンメーカーであり、スマートフォンの世界では挑戦者でした。しかし今回のモトローラ買収によって、世界第3位の地位に就いたことにとても興奮しています。

 レノボは、特に新興市場のビジネスに強さがあります。一方モトローラは米国や南米、欧州などレノボのスマートフォンが進出していない市場に強いのです。

 つまり地域的なオーバーラップは少なく、とても補完的な関係にあります。この「レノボ」と「モトローラ」という二つのブランドを抱えながら、適切なタイミングに、適切な市場に投入していくことが重要です。

 またスマートフォンの技術に精通する3500人もの技術エキスパートが世界中から移籍してきます。モトローラは日本市場で営業をしていませんが、彼らは、日本市場への製品カスタマイズの方法等も熟知している人々です。

──日本のスマホ市場には「レノボ」「ThinkPad」「モトローラ」の三つのうち、どのブランドが効果的でしょうか。

 まだ、その部分については決定していません。ただ個人的な意見としては、一つのブランドに絞るべきでしょう。

 確かに、日本ではモトローラのブランド力は高いです。トランシーバーもあり、基地局もあり、その伝統、過去の遺産もあってブランドはよく知られています。一方で、仮にレノボブランドでスマホを発売したとしても、同様のレベルまでブランド力を上げることは可能ではないでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧