ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外国株一筋26年のプロがコッソリ教える 日本人が知らない海外投資の儲け方
【最終回】 2014年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
岡元兵八郎

種類が豊富で奥が深い!
海外ETFの世界

1
nextpage

外国株のエキスパートが初めて明かす、個人投資家のための外国株投資法。連載最終回の今日は、著書『外国株一筋26年のプロがコッソリ教える 日本人が知らない海外投資の儲け方』で紹介している75銘柄のなかから、ETFについて、紹介します。

韓国は先進国? 新興国?

 今日は、拙書『外国株一筋26年のプロがコッソリ教える 日本人が知らない海外投資の儲け方』の中から、ETFについて抜粋してお伝えしたいと思います。

 連載の第1回目でお話ししたように、ETFは、投資信託の一種で、株式市場で取引されています。コストが低く、取引もしやすいため、ADRとともに、本書でおすすめしている投資商品です。

 ETFにはさまざまな種類のものがあります。新興国関連のETFもたくさんあります。

 新興国全体に投資するETFの中で、代表的なのは、ニューヨーク証券取引所に上場するバンガードの「バンガードFTSEエマージング・マーケットETF」(ティッカー:VWO)でしょう。

 このETFは、2013年1月9日までは「MSCI新興市場(エマージング・マーケッツ)インデックス」をベンチマークにしていたのですが、2013年6月28日からは「FTSEエマージング・インデックス」にベンチマークを変更しています。

 この2つの違い、わかりますか?

 カバーしている国や業種、銘柄ともに違いがありますが、なかでも大きな違いは、「MSCI新興市場インデックス」には韓国とギリシャが含まれているのに対し、「FTSEエマージング・インデックス」には含まれていないことです。

 韓国と言えば、サムスン電子がおなじみですが、「FTSEエマージング・インデックス」には韓国が含まれていないため、結果的にITセクターの比重が低くなる一方、金融や資源セクターの比重が重くなっています。
 一方、「MSCI新興市場インデックス」には、本来なら先進国とみなされてもおかしくない韓国が含まれているので、韓国株相場や、サムスン電子の株価の影響を受けやすい構造となっています。

 毎年のように、MSCIが韓国を新興国から先進国へ格上げするだろうとの観測が出ているのですが、なかなかそうなりません。
 理由のひとつとして、MSCIは韓国株が下落することを避けるために、韓国を新興国に据え置いているのではないかという見方があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岡元兵八郎 

 

1963年宮崎県生まれ。上智大学外国語学部卒業後、1987年ソロモン・ブラザーズ・アジア証券入社から、2013年まで一貫して機関投資家相手の外国株式営業を担当する。1990年~1995年ソロモン・ブラザーズNY本社勤務。1997年からは外国株式営業部門の責任者となる。2000年より2013年まで日興ソロモン・スミスバーニー証券(現シティグループ証券)にて外国エクイティ部マネージング・ディレクターとして機関投資家向けの外国株式セールス、セールス・トレーディング部門を統括。日本の機関投資家向けに世界54カ国の株式市場の執行業務を行う。2013年末より、SMBC日興証券。世界各国の運用会社、証券会社、取引所の経営陣との親交も厚い外国株のエキスパート。訪問した国の数は69カ国に上る。海外ではHutchのニックネームで知られている。

 


外国株一筋26年のプロがコッソリ教える 日本人が知らない海外投資の儲け方

26年間、外資系証券の外国株部門に所属し、投資部長も務めた外国株のエキスパートが、日本に居ながら投資できる海外ETFやADRの情報や、世界の投資家が注目している銘柄など、外国株投資の極意を初めて公開。世界には、ちょうど今、日本の高度経済成長期のような状態にある国がたくさんあります。そんな国の成長銘柄に投資して大きなリターンを狙ってみませんか?

「外国株一筋26年のプロがコッソリ教える 日本人が知らない海外投資の儲け方」

⇒バックナンバー一覧