ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日の丸製造業を蘇らせる!“超高速すり合わせ型”モノづくりのススメ

コピペ設計だけの“チェンジニア”になるべからず!
技術力を高める「秘伝のタレ」は現場にきっとある

松本晋一 [株式会社O2/株式会社XrossVate/株式会社安田製作所代表取締役]
【第4回】 2014年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近、聞きなれない言葉に出会う。「コピペ設計」「チェンジニア」などだ。これは、似ている過去図面を引っ張り出し、差分だけ修正を行う設計者やその行動を揶揄する言葉である。

 それにしても、いつの頃からだろうか。設計のゲンバでさばく、こなすような仕事の仕方が増えてきてしまったのは――。確かに、ゼロから図面を描くよりも、似た図面を修正した方が早い。だが設計とは、本来「考える行為」である。

 「社会を変える製品をつくりたい!」そんな志を持って製造業の門戸を叩いた人が多いはずだ。しかし、効率、スピードを求める企業環境の中では、逆の力が作用し、自然とコピペ設計者やチェンジニアが増えていく。

 過去3回の連載では、新興国との差が縮まりつつある要因に日の丸製造業の相対的な技術力の低下、すなわち「事業で負けているが、技術で勝っている」という認識が危うくなっている危険性をお伝えしてきた。今回は、製造業としての足腰である「技術力」を高めるための道筋の一端をお伝えしたい。そして、この一端を実現することで「超高速擦り合わせ型モノづくり」に近づいていく。

流用設計ばかりでは人が育たない
自動車部品会社での残念な出来事

 以前は、コピペ設計やチェンジニアを「流用設計」と呼んでいた。流用設計の怖さは、その設計に至った意図を知らずに盲目的に設計をしてしまう点だ。「先輩が設計したので安心だ」「前の図面がそうなっていた」という考え方で設計をしていると、考える力が失われ、技術を探究する意欲も失われ、良い設計者にはなれない。

 先日、このような話があった。ある大手自動車部品会社(C社)での出来事だ。C社では、トヨタ、日産など主たる取引先の要望に横断的に対応する新製品開発プロジェクトが立ち上がった。このチームリーダーに、主任技師の竹内さん(仮名)が任命された。竹内さんは入社10年の中堅社員だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

松本晋一 [株式会社O2/株式会社XrossVate/株式会社安田製作所代表取締役]

株式会社O2(オーツー)株式会社XrossVate(クロスベイト)株式会社安田製作所代表取締役。1970年生まれ。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。大手化学メーカー、外資系ITベンダーのディレクター、コンサルティングファームのディレクターなどを経て、2004年株式会社O2を設立、代表取締役就任。2013年に新会社XrossVateを設立。2014年に射出成型用金型メーカ株式会社安田製作所に出資を行い経営参画。


日の丸製造業を蘇らせる!“超高速すり合わせ型”モノづくりのススメ

日本の製造業は危機に瀕していると言われて久しい。様々な業界関係者が口にする「日本企業は技術で勝っても事業で負けている」という言い訳は、本当に正しいのか。実は、日本のゲンバにはもっと根深い本質的な課題がありそうだ。日本企業の5重苦、7重苦の原因は、日本の技術力の低下そのものにあり、その原因は大きく「技術伝承」の放置と悪い意味での「部分最適思考」の2つにある。製造業を中心に大手企業のコンサルティング業務を手がけ、企業のゲンバと深い付き合いを続けてきた株式会社O2(オーツ―)の松本晋一代表取締役が、“超高速すり合わせ型”モノづくりの極意を説く。

「日の丸製造業を蘇らせる!“超高速すり合わせ型”モノづくりのススメ」

⇒バックナンバー一覧