HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ニンニクで薬剤耐性菌に対抗
ただし、50個分が必要です

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第192回】

 さまざまな作用が注目されているニンニク。先日、コペンハーゲン大学からニンニク成分の「アホエン」が、抗菌薬の殺菌作用を助けるのでは、という研究結果が報告された。

 アホエンとはスペイン語でニンニクを意味する“Ajo(アホ)”に由来する名称。いまひとつ頼りなさそうだが、これまで抗酸化作用、抗血栓・抗凝固作用(いわゆる血液サラサラ作用)、抗腫瘍作用などが確認されている。今回の研究は、そのうちの抗菌作用を確認したもの。

 研究者らは、抗菌薬に対する抵抗性を獲得した緑膿菌に感染し、呼吸器感染症を発症したマウスに抗菌薬とアホエンを投与した。その結果、抗菌薬とアホエンを併用したマウスでは、抗菌薬だけを投与したマウスと比べ、有意に緑膿菌を殺すことが確認された。研究者は「アホエンは緑膿菌の毒素分泌を妨げる一方、バイオフィルムと呼ばれる菌のコロニーを破壊し、抗菌薬が緑膿菌に到達するのを助けた」としている。

 緑膿菌は自然環境や人体のどこにでもいる常在菌だ。栄養分がたっぷりあり、温度も湿度も快適な条件下では活発に増殖する。健康な人にとっては脅威でも何でもないが、抵抗力が弱っている病後や高齢者、乳幼児は警戒すべき菌だ。血管内に菌が侵入すると全身性の炎症を起こし、時には致死的となる。在宅介護が増えている現在、家庭でも注意が必要だ。

 抗菌薬に抵抗する「薬剤耐性菌」への対応が課題でもある。手軽に使えるニンニクで耐性菌を殺せるなら願ったりなのだ。ただし、「今回の結果はマウスが対象。人間で薬理効果を発揮するには少なくともニンニク50個分のアホエンが必要」なのだとか。有効成分を合成するすべが見つかるまでは、薬というより健康食品として考えたほうがよさそうだ。

 ちなみに、アホエンは脂溶性の成分。家で抽出するにはニンニクをどっさりすりつぶし、2~3日、オリーブオイルなどの食用油に漬け込んでおくといい。保存容器を事前に煮沸消毒しておくと安心。ラーメンにニンニクごと垂らしても美味い。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧