ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

仕事が増えすぎて定時で終わらない!
「残業」と「自宅に持ち帰り」、どちらが正解か

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第111回】 2014年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 景気が回復すれば、多くの会社で仕事は増えます。ところが、社内の人員が増えるのはかなり時間が経ってからになりがち。そうなれば、1人1人の業務量が増えるだけで、勤務時間内を越えて仕事をしなければならない状態になります。

 ところが近年、多くの会社で「残業をさせない」マネジメントが奨励されるようになりました。それでも、仕事をしっかりこなそうとすれば、どうなるのか?「自宅に仕事を持ち帰ろう」と考えてしまう社員が増えることになるでしょう。果たして、それでいいのでしょうか?

 そこで今回は、残業しなければ仕事は終わらない、だけど残業できない…悩めるある社員を中心にした物語を紹介します。みなさんもぜひ一緒に、この問題にどう取り組めばいいのか考えてみてください。

入社5年でこれまで残業ゼロ
華麗な仕事ぶりも“新たな業務”で崩壊!?

 「どうしよう、仕事が終わらない」

 残業したくてもできない職場で働きながら、それでも明日の朝までにやらないといけない仕事がある――。そんななか、どうしたらいいか悩んだ末に、自宅で仕事をすると決めたのは、システム会社の総務部に勤務しているFさん(27歳)。Fさんは、もともと仕事とプライベートは切り分けて、華麗に仕事をしたいと考える性分。そこで、周囲の上司や同僚に対して、

 「残業はしない、休日出勤もしない」

 と宣言して、これまで残業をしたことは全くありません。ときに、上司から「明日までに何とかやってほしい」と頼まれても、断る始末です。このスタンスは10年前なら許されなかったかもしれません、しかし、会社も残業することをよしとしない風土になりつつあるため、今やFさんの行動を批判する人はゼロ。むしろ従業員としてあるべき姿を示しているとして、称えられることさえありました。

 先日も自社の採用ページの中で、

<残業はゼロ。毎日18時には趣味のランニングウェアに着替えて公園を走っています>

 と、勤務時間内ですべての仕事をこなしている姿を紹介されたほどです。

 ただ、社歴を重ねるにつれて仕事の難度も上がり、華麗な姿のまま仕事を続けるのが難しくなってきました。ついに、残業をせざるを得ない状況になってきたのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧