ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

消費税増税開始!課題を改めて考える
益税防止、事務負担軽減するインボイス導入を

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第69回】 2014年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

消費税率が引き上げられたこの機会に、改めてわが国消費税制度の課題を整理してみたい。それは「消費税と価格の関係」という問題と、それと関連した消費税「インボイス」の問題である。消費税は価格を形成するコストの一つという認識とインボイス制度があることにより、欧州諸国では価格改定が比較的スムーズに行われ、駆け込み購入やその反動という問題があるにせよ、経済を揺るがすような規模ではない。

消費税と価格の関係

 欧州に暮らし、その後もたびたび欧州を訪ね税制当局と話をして感じるのは、「消費税と価格の関係」がわが国と欧州では大きく異なるということである。

 この点に関して筆者は、第8回(『総額表示』と『外税方式』消費税引き上げにとってどちらが望ましい価格表示か)、第48回(「消費税は転嫁しません」まで禁止する 価格表示規制は民の創意工夫を抑制する)など、たびたび取り上げてきた。

 基本的な考え方は、「自由経済の下では、価格は需要と供給によって決まるのであって、コストだけで決まるわけではない。価格を形成するコストである人件費・原材料費や燃料などが価格変動する中で、消費税率の引き上げだけを、特別なコストとして絶対に転嫁しなければおかしいい、と考えることには無理がある。消費税率の引き上げはあくまでコストの変動の一つである」という立場である。

 一方で事業者間の取引(BtoB)の世界の話では、欧州の消費税制度にはインボイス制度が導入されており、それを活用することで、事業者間の価格転嫁がスムーズに進むような工夫がなされているということである。

 消費税は価格を形成するコストの一つという認識と、インボイスがあることにより、欧州諸国では価格改定が比較的スムーズに行われ、駆け込み購入やその反動という問題は、あるにせよ経済を揺るがすような規模ではない。

 ドイツ、英国の消費税率引き上げ前後の経済指標を見ても、大きな変動は見られない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧