ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

激論!GPIF改革
理事長と東大教授のどちらが正しい?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第324回】 2014年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

三谷隆博GPIF理事長
vs.伊藤隆敏東大教授

今週号の『週刊ダイヤモンド』(4月12日号)は、「暴走! 日本株 ボロ儲けしたのは誰だ」と題する日本株特集だ。ちなみに、ライバル誌『週刊東洋経済』(4月12日号)も日本株特集を組んだ(「いま買える株、買えない株」)。

 二大経済誌が同時に株特集を組むとは、「せっかく1万5000円を回復したところで、株価の天井になってしまうのではないか」などと妙な心配が湧いてくるが、もちろん、この心配に根拠はない。

 今回は、国民が真剣に考えるべき別の心配事を取り上げる。テーマは、公的年金の運用、特にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用する現在120兆円を超える厚生年金、国民年金の資金運用だ。

 この資金の運用方針に関連して、伊藤隆敏東大教授を座長とする「公的・準公的資金の運用・リスク管理等の高度化等に関する有識者会議」の見解と、三谷隆博GPIF理事長の見解が、複数の点にわたって鋭く対立している。

今週号の『週刊ダイヤモンド』は、46ページに両者の対立点をわかりやすくまとめている(記事タイトルは「外国人が狙うGPIF改革は尻すぼみで失望売りの公算」)。「対立」あるいは「対決」という形で対比されることは、お2人にとって迷惑なのかもしれないが、この「三谷vs.伊藤対決」の整理方法は大変わかりやすくてインパクトがあるので、以下のこの記事に従って、どちらの意見が正しいのかを判定してみたい。

 なお筆者は、有識者会議報告書が取り上げた対象でもある国家公務員共済組合連合会(KKR)の運用委員会の委員を務めているが、以下の論評は全て筆者個人の意見であって、KKRの意見ではないことをお断りしておく。

三谷氏と伊藤氏の
相容れない「6つの対立点」

 記事において、「相容れない」として整理されている対立点は6個ある。①「日本株の買い増し」、②「インフレ目標」、③「金利」、④「国債保有の割合」、⑤「JPX日経400の採用」、⑥「(GPIFの)組織のあり方」、の6点だ。順番に見て行こう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧