ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

マクロ経済学は「グローバル金融危機」という
難問を解けるのか?

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]
【第12回】 2008年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

専門家にも分からない
今後の世界経済の行方

 最近、多くのメディアの方々から、「今後の世界経済、金融市場はどうなっていきますか?そして日本市場やわれわれ一般市民に対する影響はどのようなものですか?」と聞かれることが多い。

 世界経済、金融市場の混乱ぶりを見れば、メディアがそれを読み解く役割を果たさないといけないのは明らかだが、明確な答えを持ち合わせている有識者は実は少ない。「悪い」ということはわかっているが、どれぐらい悪くて、どの程度の期間続いて、そしてその処方箋は?となると、皆目見当がつかないのである(当然、私にもわからない)。

 ジョークのような話であるが、先日話をしていた番組プロデューサーによると、最近は冒頭のようなマクロの質問をされることを嫌がる専門家も少なくないようである。「答えが分からないから」だそうだ。

 さて、世界経済や金融市場で混乱が起きている昨今を読み解くヒントはどこにあるのだろうと考えてみると、アカデミズムの世界には「マクロ経済学」なるものが存在する。マクロ経済学で登場するキーワードは、インフレ、金利、失業率、所得、生産高、供給、需要、貨幣量(マネーサプライ)、などであり、なるほど、今の混乱を読み解くにはドンピシャな学問であるとの印象を受ける。ということで、今回はマクロ経済学のお話である。

インフレは悪ではない?

 例えば、インフレという現象を考えてみよう。つい先日我が家では、息子の通う保育園の料金が値上がりするという通知が送られてきた。インフレとは無縁と思われていた日本でも、ガソリンや食料品以外でも様々なものが値上がりを始めたのだ。インフレに対して皆さんはどのような印象を持つのだろうか。多くの人は嫌がることと思う。

 私が前期に履修した中級マクロ経済学の授業で用いられたテキストは「マンキュー マクロ経済学I(入門篇)、同II(中級篇) 東洋経済」であったが、その入門篇の中でも、一般の人々にアンケートをとると、多くの人がインフレを嫌がるということが書いてある。

 一方、同じくだりの中に、経済学者はインフレを悪だと考える人はさほど多くはないということも書いてある。物価が上がっても、給料が上がれば実質生活レベルは変わらないのだから、さほど嫌がる必要はないのだということである。

 確かに今の団塊世代の人たちにとっては、むしろインフレが存在しなかった過去10年ほどの日本が例外であった。彼らの人生のほとんどにおいてはインフレが起こっていたが、彼らの生活は給料が増えたことによりむしろ裕福になっていった。

 また、マクロ経済学では、インフレが起きると名目利子率も上昇するということも学ぶ。なるほど、過去のアメリカや日本のインフレ率と名目利子率のグラフを見てみると相関して動いていることが見て取れる。これは、インフレがほぼゼロ、名目利子率もほぼゼロという最近までの日本の状況でも納得できるものである。

現在の複合インフレは
対処が難しい

 さて、テキストにはそのように書いてあっても、多くの日本人は今回のインフレはやっぱり嫌だと思うであろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
保田隆明氏の著書「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」好評発売中!

経済・金融のグローバル化に伴い、企業を取り巻く環境は複雑化。ビジネスパーソンにとっても、経営戦略とファインスに関する知識は不可欠になっています。本書では、資金調達やM&Aなど、経営戦略とファイナンスの関係を基本から徹底解説します。 2100円(税込)

話題の記事

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

仕事と両立しながら大学院に通い始めた保田隆明が、大学院で学ぶからこそ見えてきた新しい視点で、世の中の「経済・金融ニュース」をわかりやすく解説する。

「保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方」

⇒バックナンバー一覧