ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

ほとんどの人が50代でたそがれる?
定年前からリタイアしないためにやるべき2つのこと

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]
【第14回】 2014年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

激流に逆らう覚悟と努力がないと
ほとんどの人がたそがれる

 今回は、これから先の、まだまだ長い人生のキャリアデザインを改めて考えてみよう。この連載のテーマは、「50になっても定年前にたそがれない人生」だ。そのためには、さらにキャリアを積み重ねていくことが何よりの妙薬だと思う。

 ただ、問題なのは、「デフォルトはたそがれる」ということだ。放っておけば、多分、ほとんどの人がたそがれる。そのことをまず胆に銘じてほしい。たそがれてもいいと思う人は、だからそのままでいい。

 もし、少しでもたそがれたくないという気持ちがあるのであれば、頑張るしかない。ただし、激流に逆らって上流に泳ぐくらいの頑張りが必要だ。そのくらいの覚悟と努力がなければたそがれる。もちろん、これまでに挙げてきたケースからもわかるように、たそがれずに生きることは不可能ではない。

 では、そうしたキャリアを考える。ここからさらにキャリア開発をする。そのために自己変革をするには何をどのようにしたらいいのだろうか。

 世の中には、企業変革のための方法論は数多い。また、自己啓発のための本もたくさんある。私としては、後者よりも、むしろ合目的的な全社の理論を自己変革に応用する方法をお勧めしたい。

 明治大学教授の諸富祥彦氏が著した、『学的探究における自己変容の八段階―「主体的経験の現象学」による“エゴイズム”とその克服過程に関する考察』(コスモスライブラリー)という本がある。これはトランスパーソナル心理学の権威である著者が、中学3年から大学3年にかけて「本当の生き方」を求めて苦悩する自分自身について現象学的に分析したものだ。

 この本について、またトランスパーソナル心理学について説くのは、本稿には馴染まないので、関心のある方はこうした書籍を手に取ってほしいが、本当の自分というものを見つけようと思うと、多分、こうした哲学的なプロセスを踏むしかないのだろうと思う。この世に数多くある自己啓発に関する書籍の多くは、正直、そこまで行かずにお茶を濁していると感じることが多い。

 トランスパーソナル心理学を突き詰めるということは、言ってみれば自分で自分に対してセンシティビティ・トレーニングを行うようなものだ。このトレーニングは、日本語で言えば感受性訓練であり、あらゆる帰属関係を断ち切って孤立状態を作り出し、1週間程度の合宿の間、グループ行動を取ることによって、強い集団参加意欲を生み出し、対人的共感性を磨くというものだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授/株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 特任研究顧問。野村総合研究所、リクルート社新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。日本テレビ系列「ズームインスーパー」、NHK総合「経済ワイドビジョンe」「Bizスポワイド」、NHKEテレ「仕事学のすすめ」などメディアでも活躍。主な著書に『組織論再入門』『中堅崩壊』(以上ダイヤモンド社)、『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『企業危機の法則』(角川書店)など多数。


定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

大企業の中に、500万人近くいると推計される雇用保蔵者。役職定年者を中心に、もし自分が雇用保蔵人材と認定されているとしたら、どのように自らのキャリアを考え、建て直していくべきなのか。50歳で人生を黄昏(たそがれ)にしないためのマインドセットと自分を変えるための方法論とは……?

「定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔」

⇒バックナンバー一覧