ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【アリババ・グループ】
今夏のIPOで時価総額20兆円
フェイスブック凌ぐ高収益の秘密

週刊ダイヤモンド編集部
【第169回】 2014年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国最大のEコマースを展開するアリババ・グループは8月にも米国で上場を果たす。その時価総額は20兆円規模になるといわれている。なぜ、そこまでの値段が付くのだろうか。

 アリババ・グループの筆頭株主であるソフトバンクの社員は、ある光景が忘れられない。

 2009年、設立10周年を迎えたアリババの社員向けイベントに招かれたときだった。暗闇の中、約3万人を収容する巨大スタジアム全体が無数のペンライトで輝き、大きな歓声が上がった。

 ステージの照明の先には、腰まで伸びた白髪に、サングラス、赤色の炎の模様が入った黒いジャケットをまとい、口紅をつけた男性がマイクを握って登場した。ライオン・キングの歌を独唱するその人物こそ、アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)会長だった。

 もともと英語教師であり、IT業界の他のトップとは違い、技術には疎いと公言する馬雲会長。だからこそ、「世の中から難しい仕事をなくそう」と会社の使命を掲げ、ユーモアあふれる話しぶりと型破りの発想で、多くの有能な若者を引き付けた。10周年イベントで見せた奇抜な姿は、人気ロック歌手のライブさながらで、カリスマ性を見せつけた。

 今年5月、そのアリババは米国証券取引委員会に新規株式公開(IPO)を申請した。審査が通れば、1999年の創業からわずか15年で、トヨタ自動車並みの時価総額約20兆円(証券会社による評価)の企業が誕生する。12年に上場した米フェイスブックの初値を超え、史上最大級のIPOになりそうだ。

 なぜ、これほどまでの企業価値が認められているのだろうか。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧