ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
三谷流構造的やわらか発想法

ソニーは「誰」を狙うべきか?
~スピーカーとスマホに見たファン復活の鍵

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]
【第89講】 2014年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

夜、ダイニングに鳴り響く
BUMP OF CHICKEN!

 6月21日夜、わが家のダイニングで、J-Rockのサウンドが鳴り響きました。低音のビートも効いています。「週末の大通りを黒猫が歩く 御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と」*1)

 家族たちも音の良さ・迫力にビックリしています。

 その音はその日ソニーストアから届いたソニーの最新機種からもたらされたものでした。

・アクティブスピーカー SRS-X3

 このSRSシリーズの基本コンセプト(売り)は、

・完全ワイヤレス(充電式&Bluetooth接続)
 ・高音質(低音は60Hzから)
 ・高いデザイン性

 確かに、幅185mm、高さ67mm、奥行66mmのその瀟洒でコンパクト直方体は、850gと意外に重く、中身の充実ぶりをうかがわせるものでした。薄くラバーコーティングされた本体を握るときの感触も絶妙です。

 この数年のスマートフォン隆盛の中、活況を呈しているがこのアクティブスピーカー市場です。たとえばiPhoneがiPodの音楽機能を取り込み、屋内も含めたあらゆる場所で使われるようになったいま、「よりよい音質で音楽を」のニーズが高まっているのです。

先駆のJawbone。BOSEの対抗、
Amazonの侵略、SONYの逆襲

 このスタイリッシュな「アンプ内蔵ポータブルスピーカー」の先駆者はJawbone*2)でした。2011年末にリリースされたJAMBOX(ジャンボックス)は、1万5000円前後という高価格ながら、その高いデザイン性とパッシブラジエーターを組み込んだことによる低音の再生力によって、市場に衝撃を与えました。この大きさでこの音質かと。

高音質の音楽環境が、携帯できるようになったのです。

*1 BUMP OF CHICKEN「K」より
*2 非公開企業であるAliph Inc.が運営。1999年創業、セコイア・キャピタルなどが出資。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


三谷流構造的やわらか発想法

発想法ってなんのために存在するのでしょう? ヒトと違うアイデアや答えを出すためです。統計的に有意な戦略なんて、定義により無価値ですし、統計的に正しい発想法なんてあるわけがありません。発想に「普遍性」や「高確率」を求めるなんてそもそも矛盾しているのです。発想法も、然り。これまでと違うものを生み出すには、新しい発想法がいま求められているのです。

「三谷流構造的やわらか発想法」

⇒バックナンバー一覧