ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
【第2回】 2014年7月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
杉本宏之 [起業家]

第2章 暗雲-- 「傲り」を象徴する出来事が
僕を蝕み始めていた【その2】
「サブプライム危機を予測できなかったのか」

1
nextpage

ゼロから起業し、エスグラントは上場を果たしものの、リーマンショックにより全財産を失い破綻、その後再びゼロから起業、成功させた若き経営者が心に刻んだ教訓を綴った『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の出版を記念して、第2章を順次公開。上場を果たしてまさに人生の絶頂にあった著者の視界に暗雲が漂い始めます。第2回は忍び寄るサブプライムの影。第1回はこちら

サブプライム危機を
予測できなかったのか

 「アメリカがおかしい」
 日本で米国金融業界の変調が報じられるようになったのは、ちょうど詐欺事件でばたついた2007年6月頃のことだった。サブプライム住宅ローン危機である。

 サブプライムとは、「プライム=優良」ではない低所得者層を対象とした住宅ローンのことだ。アメリカで続いていた超低金利政策と住宅価格の引き上げ政策を背景に、年収が低い人でもローンを組んで住宅を購入することができた。

 年収が低い、といっても常識で考えれば住宅ローンを組むためににはそれなりの信用が不可欠だ。ところがサブプライムでは、不法移民で年収わずか200万円のパートやアルバイトにも貸すほど、審査はないに等しい状況だったのである。日本では考えられないような乱脈融資が行なわれ、住宅バブルが引き起こされた。

 ところが、マーケットの活況とともに徐々にアメリカの長期金利は引き上げられ、2006年頃から、住宅価格の上昇に歯止めがかかり始める。無理なローンを組んだ低所得者層は次第に返済が滞るようになり、2007年4月には、アメリカのサブプライムローン業界2位の座にあったニューセンチュリーフィナンシャル社が経営破綻する事態を招いていた。

 サブプライムローンの債権は証券化され、車のローンなどほかのさまざまな債権と合わせて「CDO(Collateralized Debt Obligation=債務担保証券)」と呼ばれる金融商品として機関投資家に売却され、市場に浸透していた。

 さらにデリバティブ(金融派生商品)として、CDS(Credit Default Swap)と言われるCDOなどに損失補填をかける商品が誕生した。その損失補填、つまり保険を引き受けた会社がAIGだったのだ。本当に破綻が始まれば、最終的にAIGは天文学的な金額を保証しなければならない。

 その証券の組成、販売では多額の手数料が投資銀行にもたらされ、担当者には日本円にして数億円というボーナスが配られた。そして、投資銀行のCEOは数十億円のボーナスを手にしていたのだ。

次のページ>> リスクよりも利益
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


杉本宏之(すぎもと・ひろゆき) [起業家]

1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。

 


30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。どん底から再起動へと歩む起業家は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか? 本連載では、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の一部を順次掲載していきます。

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

⇒バックナンバー一覧