ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

頭もいい、人もいい、でも仕事ができない――。
「マイルドなタダ乗り社員」が招く組織の緩やかな死

渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]
【第5回】 2014年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

明らかになる「エリート社員」の正体
タダ乗り社員問題はますます複雑化

 本連載、「黒い心理学」では、組織を蝕む「心のダークサイド」が、いかにブラックな職場をつくり上げていくか、心理学の研究をベースに解説してきた。

 筆者がこのテーマに取り組んだ1つのきっかけは、2010年に出版した『フリーライダー~あなたの隣のただのり社員』(講談社現代新書)の取材である。フリーライダーとは、経済学の用語で公共財の資源供出に協力せず、財のみを享受するような行動をとる人物を指す。

 ここでは、その定義をもうちょっと柔らかくし、もうちょっと広げて、「職場で皆に仕事をさせておいて、自分は大した貢献をせずに、給料(や昇進や福利厚生などの待遇)は、ちゃっかりともらってしまうような人」を意味する。

 一流企業を含む20社以上を取材し、人事部長クラスから一般社員までを対象としてインタビューを行った結果、日本の企業組織におけるフリーライダーは、①アガリ型サボり社員、②アレオレ詐欺型成果横取り社員、③ダークフォース型チャレンジ否定社員、④破滅型クラッシャー社員、の4つのカテゴリに分類できることがわかった。

拙著『フリーライダー』の中では、少し違った言葉で記述しているものの、同じカテゴリのフリーライダーについて、その詳しい行動特性と対処法について述べている。

 しかし、この本の出版から3年を経た現在、社員のタダ乗り問題は、より複雑になっているようだ。この本の読者から、以下のような話をうかがった。

 その方は、ある中堅会社の事務職員だ。仕事内容は総務で、社外広報や社内イベントの取り仕切り、それについての会計処理も請け負う。取引相手への提出書類のチェックや、社外向けの会社情報もここで作成する。時には営業に近い仕事も行うため、総務とはいえ会社の最前線におり、社内で最も忙しい、いわば「花形部署」でもある。

 3年ほど前、そこにAさんという男性が中途採用で入ってきた。Aさんは一流大学を卒業し、某一流企業での営業、カスタマーサービスを経て、製品企画などの仕事を10年ほど行った後、その会社に採用されたのだった。Aさん自身は、その一流企業での仕事内容に行き詰まりを感じており、新しい環境で仕事に取り組みたいと思っていたという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

渡部 幹(わたべ・もとき)
[モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。


ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

この連載の趣旨は、ビジネスマンのあなたが陥っている「ブラック」な状況から抜け出すための「心」を獲得するために、必要な知識と考え方を紹介することにある。社員を疲弊させる企業が台頭する日本社会では、「勝てない組織」が増えていく。実はその背景には、マクロ面から見た場合の制度的な理由がある一方、日本人の持つ国民性や心理もまた、重要な要因として存在する。そうした深いリサーチが、これまで企業社会の中でなされてきただろうか。本連載では、毎回世間で流行っているモノ、コト、現象、ニュースなどを題材として取り上げ、筆者が研究する「ニューロビジネス」的な思考をベースに、主に心理学や脳科学の視点から、その課題を論じていく。あなたは組織の「黒い心理学」を、解き明かすことができるか。

「ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹」

⇒バックナンバー一覧