ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
博報堂が考える、次の電気と暮らしの関係「エネルギーマーケティング」の時代へ

【新連載・第1回】
「エネルギーマーケティング」とはどういうことか
生活者視点の「自由化」の意味と新ビジネスの可能性
――横山陽史・博報堂エネルギーマーケティング推進室マーケティングディレクター

横山陽史 [博報堂エネルギーマーケティング推進室マーケティングディレクター]
【第1回】 2014年8月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

これまで規制に縛られていたエネルギー業界の自由化が、今後数年で一気に進展します。電気を作り、売る、その参入障壁がなくなることで、事業者側には新たなビジネスチャンスが生まれますが、消費する生活者の側にとっての「自由化」に伴う変化とは何でしょうか?

「生活者」を中心に
「エネルギー自由化」を描く

よこやま・はるふみ
博報堂エネルギーマーケティング推進室兼生活者データマーケティング推進局マーケティングプラットフォームソリューション部ストラテジックプラニングディレクター。外資系コンサルファームにて、コンサルティング業務を担当したのち、2001年博報堂入社。顧客企業の広告戦略、マーケティング戦略の立案に従事。2011年9月スマートグリッドビジネス推進室(現エネルギーマーケティング推進室)の立ち上げに参画。電力自由化に関する生活者調査や海外自由化事例収集等を実施し、その知見を元に、顧客企業への商品開発、ブランド戦略の提案を行っている。

 これまでメディアで「エネルギー自由化」について報じられてきましたが、それはエネルギー供給に参入する事業者側にとっての「自由化」です。電力やガスを生産する自由、流通・販売する自由……。しかもそれらの多くは、「新電力vs.既存電力」という図式で語られていました。

 しかし「エネルギー自由化」は事業者にとっての「自由化」だけではないはずです。電気を消費する生活者側にとっても、「どのエネルギーを買うか」という選択肢が増えて、「自由」になるのです。

 企業の広告戦略やマーケティング戦略をお手伝いしている博報堂としては、事業者側にとっての「自由化」だけではなく、この「生活者にとっての」エネルギー自由化に、大いに注目しています。

 電気のつくり方、つくる人、送る方法など、選択肢が増えるなかで、人々にとってどのような情報が「エネルギー選び」の決め手となるのか。事業者側は人々に対して、エネルギーのどのような情報を訴求ポイントとすべきなのか。

 私たちは「生活者」を中心に据えて、「エネルギー自由化」を描いてみることこそが重要なのではないかと考えています。

 そこで、エネルギー自由化に伴って生活者の周辺で、「こんなことが起きるのでは」とか、「あんなこともあり得るよね」、「いやもうヨーロッパでは、ここまで進んでいるらしい」というような、いろいろな変化予測やその兆候を、数年来にわたって集めてきました。

 その一端を今回から始まる連載で披露し、「エネルギー自由化」で生活者周辺の何が変わるのかについて、考えていければと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

横山陽史 [博報堂エネルギーマーケティング推進室マーケティングディレクター]

よこやま・はるふみ 博報堂エネルギーマーケティング推進室兼生活者データマーケティング推進局マーケティングプラットフォームソリューション部ストラテジックプラニングディレクター。外資系コンサルファームにて、コンサルティング業務を担当したのち、2001年博報堂入社。顧客企業の広告戦略、マーケティング戦略の立案に従事。2011年9月スマートグリッドビジネス推進室(現エネルギーマーケティング推進室)の立ち上げに参画。電力自由化に関する生活者調査や海外自由化事例収集等を実施し、その知見を元に、顧客企業への商品開発、ブランド戦略の提案を行っている。

 


博報堂が考える、次の電気と暮らしの関係「エネルギーマーケティング」の時代へ

2016年に電力小売りの全面自由化が予定されています。この「自由化」は事業者にとっての「自由化」だけではなく、生活者にとっても「自由化」されます。生活者はそれぞれの価値観をもって、エネルギー選びをしていきます。そうなると、企業はエネルギーに関して、これまでになかったマーケティングの発想を取り入れていく必要があります。連載ではさまざまな実例を出しながら、エネルギーとマーケティングが結びつく世界を考えていきます。

「博報堂が考える、次の電気と暮らしの関係「エネルギーマーケティング」の時代へ」

⇒バックナンバー一覧