ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アドラー流 お悩み相談室
【第8回】 2014年8月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
岸見一郎 [哲学者]

こんな上司は嫌だ!
ことごとく上司「運」が
ない私はどうすれば良い?

1
nextpage

フロイトやユングと並ぶ心理学の巨人・アドラーは、現代を生きる私たちに人生観が変わるほどの気づきを与えてくれます。その教えをわかりやすく説いた『嫌われる勇気』は今や40万部のベストセラー。本連載では『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎氏が、職場や日常生活で起こりうる皆さんのお悩みを「アドラー流」に解決いたします。
今回のお悩みは、20代の女性によるもの。アドラー流の解決策はどのようなものでしょうか?


【今回のお悩み】

「上司運がなく仕事がうまくいきません。
 すぐに怒り出す理不尽な上司と働くのが苦痛です。
」(20代女性)


 1年ほどまえに転職をしました。前の会社では同僚とはうまくいっていたのですが、とにかく癇に障る上司がいて、その上司が嫌で転職をしました。ところが今の職場でもまた変な上司にあたってしまいました。すぐ感情的になって意味もなく怒鳴る人で、その機嫌に振り回される毎日です。
 入社する前はほぼ希望通りの転職ができたとやる気十分で、たった一人の嫌な上司のためにこのチャンスを無駄にするなんてありえないと、何でも前向きにがんばっていたのですが、最近は会社にいくのさえ憂鬱になってしまいます。
 でも嫌なのはその上司だけなんです。その上司のせいでこんなに悩むこと自体腹立たしいのですが、このまま仕事をつづけるためにはどうしたらよいのでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



岸見一郎[哲学者]

きしみ・いちろう/1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。


アドラー流 お悩み相談室

ベストセラー『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎氏が、読者の皆さんの悩みにアドラー心理学の知見をフル活用してお答えします。

「アドラー流 お悩み相談室」

⇒バックナンバー一覧