ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

弱点克服への“最後のピース”
伊企業買収に日立が名乗り

週刊ダイヤモンド編集部
2014年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日立がイタリアの鉄道関連メーカー2社の買収に名乗りを上げた。買収が成功すれば、鉄道で欧州開拓を目指す日立の武器となるとともに、業界動向にも影響がありそうだ。

日立は英国の高速鉄道の巨大案件を受注。今年、インフラ輸出の成功例として、安倍晋三首相も現地見学に訪れた
Photo:REUTERS/アフロ

 イタリアは日本と並び、首相が短命である。今年2月、わずか10カ月で辞任した前首相に代わり、39歳のマッテオ・レンツィ氏が新首相に就き、政権の陣容が一新された。

 低迷する経済の立て直しが新首相の最大の任務だが、日立製作所にとっては、この交代が買収交渉を大きく動かすきっかけとなった。

 というのも日立は、イタリアの防衛産業を担うフィンメカニカの子会社で鉄道事業を手掛けるアンサルドブレダ、鉄道信号のアンサルドSTSの買収を模索していた。8月になり、日立による2社の買収検討が報じられたが、実はこの2社は2011年から、業界で「オープンターゲット」(重電関係者)とされており、日立も何度となく接触を続けていたのだ。

 目下、日立の鉄道事業は、業界では注目の的だ。04年に英国で高速鉄道を受注したかと思うと、13年にも英運輸省から車両計866両の更新プロジェクト(約8800億円)も獲得し、数少ない鉄道輸出の成功例とされている。

 さらには昨年末、英国北東部で車両製造工場の建設を開始したほか、今年4月に鉄道事業の本社機能もロンドンに移転させるなど力の入れようは生半可ではない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧