ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

リスクは意図的に「誤認」されている

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第47回】 2008年9月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本銀行の「金融市場レポート」7月号に「金融不均衡の蓄積と混乱発生メカニズム:先行研究に基づく整理」と題する、小論ながら興味深い考察がある。

 この論考は、クレジットブームの起点の1つは「金融分野における技術革新や規制緩和」だという。確かに過去20数年間に、先進国の経済変動はかつてよりも小さくなっているのに、大きな「バブル」や「ショック」が何度も起こった。金融的イノベーションが、実はバブルの発生に深くかかわっているのではないかという指摘が増えている。

 論考は、証券化、クレジット・デリバティブ、組成販売型金融仲介モデル、ヘッジファンドを挙げている。いずれもサブプライム問題を拡大した道具立てだ。金融新技術自体は役にも立つし、それ自体が悪いわけではない。これらを使う人間が悪いのだ。

 新技術や規制緩和がもたらした収益機会を前に、銀行や市場参加者の「リスクテイク行動が前傾化」するというのが、論考が指摘する次のステップだ。不動産や金融資産の時価上昇は、貸し出しの積極化やレバレッジの拡大につながる。

 さらに、市場参加者のリスクテイクは「リスク認識の限界」から過度に進む可能性があり、また、緩んだリスク評価が「群衆行動」によって見過ごされる傾向がある、との指摘が続く。

 金融市場を大きく眺めると、ここまでの過程は論考のとおりなのだが、金融の現場をミクロ的に見ると、じつは「リスク認識の限界」は金融市場にかかわる個々のプレーヤーが意図的につくっている。

 ここで「プレーヤー」とは、会社単位を指すのではなく、投資銀行のトレーダーとか、格付け会社の経営者とか、ヘッジファンドのファンドマネジャーのような金融にかかわる個人のことだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧