ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【ジミ・ヘンドリックス「紫のけむり」】
ロックの“ビッグバン”を刻む曲、誕生の瞬間とは?

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第99回】 2014年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 11月27日は、ジミ・ヘンドリックスの誕生日です。27歳で夭折しましたが、もし2014年現在も生きていれば、72歳でした。天国のジミ・ヘンドリックスに『ハッピーバースデイ』。

 さて、ジミが生まれる遥か昔に遡ってみます。

 地球上に人類が誕生して50万年が経過しました。人類は新しい物事を創造するチカラを持ち得ました。自然の恵みに頼るだけではなく、農業によって人類は飛躍したのです。収穫はやがて取引され、ビジネスを生み出します。

 そして人間の創造力は、生活必需品だけではなく、文化を生み出しました。より美しいもの、深い感動を与えてくれるものの追求に人生をかける芸術家が出現し、物語や詩、絵画や音楽が発展します。

 音楽の発展は、科学技術の発展と軌を一にしています。新しい技術が新しい楽器を生み、新しい楽器は革新的な響きを奏でます。例えばギターは、その原型が古代ギリシアに遡る伝統的な楽器で、時代とともに発展します。旋律と和音とリズムを一台で奏でることができるので、小さなオーケストラと称されていましたが、音量が小さく、50年代末までジャズにおいても大きな役割は与えられませんでした。

 しかし、電気が全てを変えました。エレキギターが無限の可能性の扉を開いたのです。特に、ロックミュージックにおいては顕著でした。そして、疾風怒濤の1960年代の後半になると、天才ギタリストたちが覇を競う時代が到来。その主戦場に突然登場したのがジミ・ヘンドリックスです。

 と、いうわけで、今週の音盤はジミ・ヘンドリックス“紫のけむり”(写真は、デビュー盤「アー・ユー・エクスペリエンスト」)です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧