ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
相続に困ったら最初に読む本
【第3回】 2014年12月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

払いすぎは本末転倒!
不動産のノウハウがある専門家は不可欠
税理士と気軽に話せる雰囲気は皆無。さんざんな結果になったWさん

1
nextpage

 税理士は税金の専門家です。納税する人から委託を受けて、その人の代わりに税務署などへの申告・申請を行います。また、法人税や所得税、消費税、相続税など、税金に関するお客様の個別事情に応じた相談を受けることは、税理士でなければできません。

では、相続時に、相続人は何を期待して税理士にお願いするのでしょうか。もちろん、煩雑だと思われる手続きを委託することもあると思います。一番のニーズは、仮に相続税を払う場合、「節税できないだろうか」です。ただし、節税の場合は、不動産の知識と経験が必要です。仮に払う必要がないとわかったとしても、分割案を期待したいところ。さて、今回紹介する事例から何が学べるでしょうか。ポイントは「期間」です。

申告が必要な人は4.2%。ほとんどの人は必要ない

 国税庁の発表では、2012年(平成24年)度に亡くなった方は約126万人、このうち相続税の課税対象となった方は約5万2000人で、課税割合は4.2%(2011年〈平成23年〉4.1%)となっています。ほとんどの方は相続税の申告も不要で、税理士に頼む必要はありません。2015年(平成27年)からの相続税の改正によっても、課税対象者は4.2%から6%程度に増えると試算されていますが、まだ、その程度なのです。

相続実務に慣れていない税理士が大半

相続税の申告が必要な方が5万2000人だというのに、税理士会連合会が公表している税理士の登録者数は7万4000人を超えているのです(2014年11月現在)。税理士1人当たりの相続実務は0.7回となります。この数字は、1年に一度も相続税の申告をしない税理士がいることを表しています

 最近は、資産税に特化した、または相続を専門にしている税理士法人もあり、そうしたところは、相続税の申告だけでも年間200件、300件、400件とまとまった数の申告をされています。となると、多くの税理士が、相続税の申告を1年に1回どころか、数年に1回程度とか、あるいは、まったくしたことがないかもしれません。

 こうした事実から、依頼は税理士であれば誰でもいいわけではありません。税理士選びに失敗すると的確なアドバイスがもらえないばかりか、経験不足でうまくいかないこともあるのが現実なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

日本初の相続コーディネーターとして1万件以上の相続相談に対処。感情面、経済面に配慮した「オーダーメード相続」を提唱し、安心で円満な相続の実現に取り組む。著書に『相続に困ったら最初に読む本 』(ダイヤモンド社)、『相続はふつうの家庭が一番もめる』(PHP新書)など多数。 ホームページ http://www.yume-souzoku.co.jp/


相続に困ったら最初に読む本

いま相続の相談で「専門家(弁護士、税理士、信託銀行ほか)とのトラブル」が増えています。家族間の不和やお金でのトラブルなどが話題にあがりますが、相続する方が予備知識なしに専門家に依頼をするから、トラブルに発展しているのです。本連載では、「何がきっかけで失敗したのか」「どこをどのようにして解決したのか」など、24の事例から一部を紹介します。

「相続に困ったら最初に読む本」

⇒バックナンバー一覧