ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術
【第13回】 2007年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

会見で記者たちのペースに
はまらないためには
記者会見コメントでのテクニック【前編】

1
nextpage

 心理学的には、言葉は7%の伝達力しかないといわれています。しかし、文字で勝負する記者に対しては、言葉は大きなメッセージ力を持っています。記者たちからの質問には、一定の法則があります。というよりも、攻め方の癖があると言ったほうがよいかもしれません。

 これに対するコメント対処方法を具体的に説明しましょう。大きく分けてポイントは16個あります。今回の【前編】では8つ、【後編】では8つの重要なポイントをご紹介していきます。

1) 自分の言葉で語る

 記者や一般の人々からの印象をよくする基本は、用意された原稿ではなく、自分の言葉で語ることです。

 メモを用意してあったとしても、肝心なところは必ずメモから目を離し、記者を見ながら語りかける演出テクニックは、最低限身につけておくべきでしょう。

 かつて民主党の菅直人氏が、国会でメモを用意せずに代表質問に挑んだことがありますが、その際には、「メモを持たず」という報道があちこちで流れ、報道関係者からは非常に好意を持って受け止められました。

 自分の言葉で語らない代表格は、日本道路公団の藤井治芳元総裁。「記者会見を開かない総裁で有名」と報道されました。記者会見にはいつも代理人の弁護士が出るのみ。それでいて特定の週刊誌のインタビューを受けています。これでは決して世論からの支持は得られないでしょう。

 言いたいことがあれば、複数のメディアを前にして自分の言葉で語るべきなのです。自分の言葉で語らない人や、自分に都合のよいメディアや記者の前だけで語るのでは、世論からの支持を受けることはできません。

2) 記者のペースにはまらない

 ベテラン記者ほど、相手を追い詰めるような話し方で情報を取るのではなく、柔和な姿勢で情報を取っていきます。

 記者がメモを閉じたからといって、取材が終わったと思ってはいけません。筆を止めてノートを閉じた後に、本当の取材に入る人もいるからです。

 テレビシリーズの『刑事コロンボ』を思い出してください。コロンボは記者ではありませんが、メモをしまって帰る間際にいつも「ああ、すみません、もう1つだけ質問があるんですが」といって真実に迫る質問をしますよね。あのテクニックです。

 また、当初の取材テーマと異なる方向へ話が進んでいくようであれば、「それについては次の機会にしてください。まだ話せる段階ではないから、話せるようになったらあなたに真っ先に話しましょう」と相手を尊重しつつ、打ち切るのがベストです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

国会職員、映像制作プロダクション勤務を経て、1995年より広報サービス会社のマネジャーとして企業の広報活動のサポートに携わる。2003年、会社を設立して独立。現在、有限会社シン代表取締役社長、ライブ!ユニバース理事、日本リスクコンサルタント協会シニア会員、日本広報学会会員。各種情報サイトへの執筆活動も多数。


失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術

数々の企業不祥事がTVや紙面を賑わす今日、マスコミ対応を誤ると致命的なダメージに。緊急時にトップと広報がすべきマスコミ対応を具体的に伝授する。

「失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術」

⇒バックナンバー一覧