ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社内政治の教科書
【第10回】 2014年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

「出世欲」があなたの政治力を弱める!
「あの人の力になりたい」と思われる鉄則

1
nextpage

なかには、「私心」(出世欲、保身など)のために社内政治を行う人もいます。それで、実際に権力を握ることに成功する人もいます。しかし、よほどの実力がなければ、いつかその「座」は崩壊します。誰かの「私心」のために、心の底から力を貸そうとする人はいないからです。やはり、周囲の人が共感を寄せる「大義」がなければ、本物の「政治力」は手に入らないのです。しかし、凡人に「私心」を捨て去ることは難しい。生半可に捨てたフリをしたところで、周りの人はお見通しです。では、どうしたらよいのでしょうか?

「私心」のために力を貸す人はいない

 「動機善なりや、私心なかりしか」

 稲盛和夫さんは、常にこう自らに問いただしてきたそうです。
「安価な電話料金を実現する」という大義を掲げて、第二電電(現KDDI)を立ち上げる際にも、「自分がやろうとしていることは、本当に国民のためを思ってのことなのか? 名を残したいという私心からではないか?」と自問自答。一点の曇りもない心境に立ったときに、はじめて実行に移したといいます。

 だからこそ、第二電電は成功したのでしょう。なにせ、圧倒的強者であるNTTとの競争です。誰かの「私心」のために、力を貸そうとする人はいません。稲盛さんの「大義」に共感を寄せたからこそ、社員は力を合わせて、NTTとの過酷な競争に挑むことができたのでしょう。また、その「大義」に偽りがなかったからこそ、国民からの支持を得ることができたのだと思います。

 私心を捨てる──。
 これは、課長として社内政治を生き抜くうえでも、非常に重要なポイントです。

 私が、それを痛感したのは、リクルート在籍中のことです。
 当時、私は事業部長でした。事業部長の仕事は、そのほとんどが社内政治です。部下をまとめ上げて、部署間調整を行う。上層部を味方につけるために、根回しをする。ときには、利害が対立する部署と水面下で戦う必要もありました。そんな社内政治に悪戦苦闘しながらも、大きな仕事を動かすことにやりがいを感じていました。

 しかし、私には「いつかは独立して、一国一城の主」になりたいという夢がありました。また、それまでに培った人脈を生かして、「人事コンサルタント」として社会的に意義のある仕事をする自信も生まれていました。そこで、1年後に退職・独立することを決意。社内には知らせず、秘密裡に独立準備を始めました。

 もちろん、リクルートでの仕事にも全力を上げました。いわば二足のワラジを履いたわけですから、負担ではありましたが、「夢」に向かうのですから苦にはなりませんでした。そして、数ヵ月が過ぎるうちに不思議な感覚にとらわれたのです。

 リクルートでの仕事が、以前に比べてスムースに進むようになったのです。上司、部下、他部署との関係もより良好になり、コンフリクトが減少。それまでは、しばしば会議などで対立した人物も、なぜか、私の提案に乗ってくるようになりました。

 そのときは、不思議に思ったものですが、後になって気づいたことがあります。退職を決意した私に、「私心」がなくなったからではないか、と。

 それまでは、「リクルートで出世したい」「実績を上げたい」という気持ちが強かった。だけど、退社すると決めれば、そんなことはどうでもよくなります。だからこそ、「会社にとってどうするのがベストか?」「顧客のためにどうすべきか?」ということを、「私心」に曇らない心で判断することができたのではないか。だからこそ、私の提案に共感してくれる人が増えたのではないか……。そう思ったのです。

 退職を決めたことで、社内政治がうまくいくようになったのですから、実に皮肉な話です。しかし、このとき、私は「私心を捨てる」ことの大切さを、心に刻みました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


社内政治の教科書

社内政治――。ネガティブな印象をもつ言葉ですが、実は「政治力」がなければ管理職は務まりません。どんなに優れたアイデアがあっても、組織を動かせなければ何ひとつ実現できないからです。部署間対立、横暴な上司、反抗的な部下……。こうした「現実」のなか社内政治を生き抜く鉄則を紹介します。

「社内政治の教科書」

⇒バックナンバー一覧