ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

破壊衝動に革命思想、60年代への揺り戻しが始まった? ロックなものが流行ると景気が良くなるワケ

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第128回】 2015年1月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2015年、景気は上向くのか失速するのか、よく分からない状況だ。先日発表された景気動向指数は3ヵ月ぶりに悪化。しかし、街中の空気感としては景気が上向くかもしれないと思わせる要因、兆候がいくつかある。長期にわたる原油安もそのひとつだが、エコノミストでは気づきにくい、マーケティングの人間だから分かる兆候というものもある。そのひとつが、ロックな感覚、空気感の高まりだ。

 ロックな空気感が高まるとなぜ景気が上向くかについては後述するが、まずは昨年、いかにロックなものが台頭してきたかを紹介する。音楽やマンガなどのカルチャーは常に時代の空気を先取りするが、まずはその音楽シーンで大きな変化が起きている。

続々登場する新世代ロックバンドに
共通する「破壊衝動」

 2014年の音楽業界はAKBグループと嵐を筆頭とするジャニーズ系の寡占市場。この2つのグループしか売れなかったと言ってよい。オリコンの年間シングルチャートにおいて、この2グループ以外で上位25位以内にチャートインしたのは「EXILE TRIBE」のみだ。ちなみにベスト5はAKB48が独占している。

 しかし、このような状況のなかにも変化はあった。それが、2010年以降にデビューした新世代バンドの台頭で、筆頭格がシングル3枚をトップ5(週間チャート)入りさせ、紅白歌合戦にも出場した「SEKAI NO OWARI」(以下、セカオワ)だ。年間チャートでは「スノーマジックファンタジー」という曲が49位に入っただけだが、週間チャートでは1位を獲得。一昨年あたりから大学生あたりの人気が高まっていることを感じていたが、昨年はそれがブレイクしたと言える。ここでセカオワをロックバンドと分類してしまうことに異論のある人もいるかもしれないが、彼らのスタート地点はパンクロックだし、そのバンド名のセンスは十分にロックだ。

 音楽としてのロックについていえば、昨年の秋から年末にかけて注目すべき女性ロックアーティストが次々と登場した。たとえば、人気シンガーソングライターの「YUI」が、その美しい黒髪をバッサリ切ってマッキンキンに染め、清楚なイメージを一新。名前も「yui」に変え、「flower flower」というロックバンドを結成。ギターとボーカルを担当している。結成は2013年で同年7月に配信限定シングル「月」を発表。2014年11月にリリースした1stアルバム「実」はオリコン最高位5位となっている。アルバム収録曲で2ndシングルの「神様」など特にソリッド感のあるロック曲だ。

 このアルバムに関して「yui」自身は、「心の中には“破壊”という感情があったのは確かです」と語っている。ロックとは破壊衝動の音楽なので、その意味でも「yui」は正真正銘のロック女である。

 クリスマスイブの12月24日には「ミオヤマザキ」というロックバンドがデビューした。情報が少なく詳細が分からないのだが、ライブシーンでは女子高生を中心に10代の女子にカルト的な人気だという。ボーカルで、たぶんリーダーのヤマザキミオは現役のキャバ嬢だという情報もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧