ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい
【第4回】 2015年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
井上和弘 [ICOコンサルティング会長]

赤字決算にすれば、
3つのお金が手に入る

1
nextpage

自社の決算書を見ると、キャッシュを生み出す埋蔵金が隠されている。その埋蔵金を発掘するには、不要な資産を決算書から切り離す「オフバランス」が必要だ。では、実際にどのようにオフバランスすればいいのか――。

資産のオフバランスで埋蔵金を発掘する

 「オフバランス」という言葉があります。B/S(貸借対照表)は「バランスシート(Balance Sheet)」と言いますが、不要な資産をB/Sから切り離す(オフ)ということで、「オフバランス」と言います。切り離す方法としては、売却か除却になります。

 含み損を抱えた土地や建物をオフバランスすること。これこそ、私が最もオススメする赤字決算による税務対策です。なぜなら、含み損を抱えた資産をオフバランスすると、次の3つのお金が手に入り、資金繰りが劇的に改善するからです。

(1)売却した代金
 売却価格は、現在の時価を参考にして、売る側、買う側の交渉で決まります。どうしても売りたければ、ちょっと値引きしてでも売るでしょうし、どうしても欲しければ、少々高くても買うでしょう。売却代金が入ってくるまでの交渉には、時間がかかります。そもそも、不動産を売却しようと思っても、すぐに買い手は見つかりません。固定資産の売却は、早くて2年、遅いと7年くらいかかります。まさかのときには間に合いません。不要な固定資産は、業績のいいときに早く売却を決意して、長い期間で対応しなくてはならないのです。

(2)中間申告で納付した税金
 前年に法人税を払っている場合は、中間期から2ヵ月以内に、前年に支払った法人税額の2分の1を支払います(これを中間納付と言います。3月決算なら、9月が中間期なので、その2ヵ月後の11月末までに支払います)。含み損を抱えた資産をオフバランスして、本決算の税引前利益を赤字にすれば、法人税はゼロになります。そうすると、中間納付で支払った法人税が返ってくるのです。

(3)来期以降、払うはずの税金
 税引前利益を赤字にすると、「欠損金」が発生します。ある年に欠損金が発生すると、その翌年以降で税引前利益が黒字になっても、中小企業の場合は、最大で向こう9年間は税金を払わずに済むという制度があります。この制度のなかで、将来に繰り越す欠損金のことを「繰越欠損金」と言います。まとめると、「繰越欠損金があれば、それがなくなるまで税金を払わずに済む」ということです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井上和弘 [ICOコンサルティング会長]

アイ・シー・オーコンサルティング会長。1942年、大阪府生まれ。早稲田大学卒業。大手コンサルティング会社を経て、独立。企業再建の「名外科医」として、赤字会社の中に入り込み、社長や役員を叱りとばしながら思い切った手を果敢に打って短期間に収益を回復させる。カネ回りのよい仕組みづくりで、衰退産業でも儲かる経営に変えている。経営指導歴45年、これまで450社を直接指導。オーナー社長のクセを知り尽くし1社もつぶさず、一部上場はじめ株式公開させた企業も十数社にのぼる。その実力と人柄に惚れ込んだ社長は数多く、長年の信頼感から後継子息を託す人が後を絶たない。「後継社長塾」「経営アカデミー」(日本経営合理化協会主催)など、日本一高いといわれるセミナーを開いても、常に満席になる人気講師でもある。著書に『社内埋蔵金をお金にする知恵』(中経出版)、『だから、あなたの会社は倒産する』(PHP研究所)、『カネ回りのよい経営』『儲かるようにすべてを変える』(日本経営合理化協会)、『企業は腰できまる』(ダイヤモンド社)などがある。


儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい

利益は出ているのに、なぜか会社にお金が残らない。お金(キャッシュ)を残すには、収入を上げるか、支出を減らすしかない。国内人口が減少 し、海外との競争が激しくなる中で、収入を増やすことは困難だ。一方、支出を減らして資金流出を抑えることは意外に簡単にできる。普段はあま り気にしない「借入返済」と「税金」という2大キャッシュアウトを抑えれば、お金持ち会社に変身できる。

「儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい」

⇒バックナンバー一覧