ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

シャープ最終赤字転落が招く
液晶の抜本改革と政府の影

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

経営再建中のシャープが、通期で再び最終赤字に転落する見通しになった。主因は、軌道に乗ったはずの中小型液晶パネルの下振れだ。事態の深刻さを受け、銀行団はさらなる経営構造の抜本改革を迫り始めた。

 「一時的な調整局面で、今後の見通しは言うほど厳しくないとみています」

 「そういう話をしている段階なんでしょうか。もう一度、改革のステージを上げるべきときが来たんじゃないですか」

屋台骨を支える液晶パネル事業の変調で、シャープ再建の道筋はにわかにかすみ始めた
Photo by Masaki Nakamura

 今から1カ月近く前の昨年末、シャープ幹部と取引銀行との間で交わされたやりとりだ。

 このとき一体何が起きていたのか。シャープ幹部が「調整局面」と言ったのは、スマートフォン向けの液晶パネルで発生した想定外の販売下振れだ。

 昨年、6112万台を売った北京小米科技(シャオミ)や、昨秋に新機種を発表した魅族科技(メイズ)など、シャープは快進撃を続ける中国スマホメーカーとの取引拡大を急速に進めてきた。米アップルに収益を依存する「体質」を改善するためだ。

 2017年度には世界シェアの4割を中国メーカーが占める──。そうした中長期の予測を基に営業攻勢をかけ、14年度下期には取引社数が上期比で約2倍の15社に拡大。受注量も大きく膨らむことで、事業単独の営業利益は上期比2.7倍の550億円に達する絵を描いていた。

 「亀山第2工場の中小型(液晶パネルの)比率は50%を超え、収益に大きく貢献してきている」。14年度上期の業績説明会で、高橋興三社長はそう自信を見せていたが、それもつかの間だった。昨年11月以降、期待していた中国勢からのパネル受注が、需要の伸び悩みで急速に剥落し始めたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧