ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術
【第2回】 2015年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
赤羽雄二

会議の半減とホワイトボードの活用で
生産性は数倍になる

previous page
3
nextpage

ホワイトボードで会議の生産性は数倍になる

 さらに、会議ではホワイトボードを活用すると、断然スピードアップが図れる。意見を出し合って意思決定をする会議を私がリードする場合、必ずホワイトボードを活用する。

 よく見聞きする会議での問題点には、

 ◎テーマによっては話がぶれやすい。それぞれが言いたいことを言って終わる
 ◎時間はかかるものの実際は何も決まらず、誰がいつまでに何を実行すべきかはっきりしない。決めたと思っても漏れがある
 ◎論点のすれ違いを明確にできず、平行線のまま議論が続く

 などがある。一人ひとりの目的意識がばらばらで、訓練もされていないことがほとんどなので、意思決定・アクション推進型の議論ができないためだ。

 最近はホワイトボードが置かれていることが多いのでそれを使おうとする人もいるが、きちんと使おうとすると、

 ◎ホワイトボードに書こうとしても、発言者の内容が理解できない(実際何を言いたいかわからないことが多い)
 ◎ホワイトボードの前に立つと、何をどう進めたらよいかわからなくなってくる
 ◎議論が拡散するのでまとめようとしても、皆がついてきてくれない。皆、言いたいことを言う

 ということになって、結構むずかしい。数人の打合せで適当にホワイトボードに書いたり消したりは比較的よくあると思う。書く字も人それぞれで、なかなか他人には読みづらい。整理して書こうという気がないため、ホワイトボードの前に立ってはいるものの、発言しながら二、三のキーワードを書いたり、殴り書きでポンチ絵を描いたりする程度だ。あとから見ても議論の過程はわからない。また最終的に残った内容を議論に参加した人が見ても、何を議論して何を決定したかなどをたどりづらい。

 会議を効率化するうえで、ホワイトボードはもっとパワフルなツールになる。うまく活用すれば活発な発言が続き、課題が整理され、スムーズに合意形成が図れる。しかも、会議終了時には、議事録が自動的にできあがり、誰が何を言った言わないなどの曖昧さを残さない。そのためには次の点が鍵になる。

previous page
3
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



赤羽雄二(あかば・ゆうじ) 

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』(宝島社)などがある。

 


速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術

赤羽雄二氏は、マッキンゼーで14年間活躍するなかで、同社のソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた人物だ。現在も複数の大企業の経営改革を進めつつ、10 社を超えるベンチャーの経営支援を行ないながら、ブログも週2本書き、年間50 回を超える講演・ワークショップをこなしている。今回はその驚異的な仕事量を実現する仕事術のうち、特に参考になると思えるものをピックアップし、具体的に明かしてもらった。

「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」

⇒バックナンバー一覧