ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

コスト削減は事業の全体を視野に入れる

上田惇生
【第120回】 2009年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
創造する経営者
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「コストはほとんどの場合、経済的な実体ではなく法的な実体に付随するもの、すなわち個別企業という特定の法的存在の内部において発生するものとして定義されている。その結果、コストの大半が見えなくなっている」(『創造する経営者』)

 製品やサービスのコストの3分の2は組織の外部で発生する。

 消費者にとって重要であり、購買を決定するものは、全体のコストである。総コストが原材料から最終製品に至る一連の経済連鎖における法的に独立した多数の企業のあいだでいかに発生しているかは、まったく関係がない。

 コスト削減の最も効果的な方法は、活動そのものをやめることである。コストの一部削減が効果的であることは稀である。

 実際には、コスト削減キャンペーンのほとんどが、いかなる活動もいかなる部門も廃止しないというマネジメントの宣言から始まる。事前にキャンペーンの無効宣言をするに等しい。その結果、重要な活動は損なわれ、重要でない活動も数ヵ月後には元のコスト水準に戻る。

 コスト削減の成果を上げるには、事業の全体を視野に入れなければならない。さもなければ、コスト削減は他のコストへの押し付けに終わる。コスト削減の大成功の数ヵ月後には、事業全体のコストはさして変わっていないことが明らかになる。

 「コストとは経済の概念である。分析の対象たるコスト構造は経済的価値を生むための全経済活動である」(『創造する経営者』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧