ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書
【第13回】 2015年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
援川聡

「組織の隙間」という“闇”に巣食う悪質クレーマー
クレームに対する及び腰が、問題を大きくしている

1
nextpage

昨年末からの食品への異物混入騒動はクレーム対応のあり方を考えるうえで格好の“教材”だ。「他社はどうしているか」という横並び意識、現場に責任を押しつける“逃げ”の姿勢がないか、クレームに対する組織対応をしっかり見直してほしい。(取材・構成 メディアポート)

「他社はどうしているのか?」が最大の関心事に

 まるか食品の『ペヤング』から日本マクドナルド、さらにさまざまな食品関連企業に飛び火した異物混入騒動は、クレーム対応のあり方を考えるうえで格好の“教材”である。

 たとえば、前回紹介した「正論モンスター」の増加には留意が必要だが、それだけでない。クレームへの「組織対応」を見直す手掛かりにもしてほしい。

 日本マクドナルドにおける異物混入が騒がれ始めてまもなく、ライバル社の社員から「当社では従業員教育をしっかり行っています」と、挑発的ともとれる発言が聞かれた。

 日頃から激しい競争にさらされている外食産業では、競合相手の“ピンチ”が自社の“チャンス”になりうる。それだけに「生き馬の目を抜く」シェア争いがあっても不思議ではないだろう。

 ところがその一方で、今回のように騒ぎが大きくなると、業界の雰囲気は一変する。「他社はどうしているのか?」――これが、最大の関心事だ。つまり、横並び意識である。「食品への異物混入はゼロにはならない」という現実を前に、企業は有効な手を打てないのである。

 1年前を思い出してほしい。食品偽装表示の大騒ぎである。阪急阪神ホテルズの食材偽装を皮切りに、食品関連企業の偽装・誤表示が次々と露見し、毎日のように企業の「謝罪会見」が開かれた。

 しかしこのとき、企業側は心から謝罪していたのだろうか? 「マスコミに嗅ぎつけられる前に公表したほうが得策だろう」という思惑があったのではないだろうか? 「見つかったのは、運が悪かった」というのが本音だったのかもしれない。これでは、「異物混入を絶対に許さない」などという「消費者の狭量」を批判することはできない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    援川聡 

     

    (株)エンゴシステム代表取締役。 1956年広島県生まれ。79年大阪府警察官に。95年に大手流通業に転職、元刑事の経験を生かしてトラブルや悪質なクレームの対応にあたる。その適切で確実な「解決術」は高い評価を受け、業界団体の講師を務めるほどに。2002年に独立し、(株)エンゴシステムを設立。豊富な現場経験と独自のノウハウをもとに、リアルタイムで企業はじめ医療機関、役所等をサポート。講演・セミナーは年間100回以上、新聞・雑誌への寄稿、テレビ出演も多数。たたき上げの警察官・刑事経験と、販売現場での実務経験の両方をもつ、クレーム対応の第一人者。 著書に『クレーム処理のプロが教える 断る技術』(幻冬舎)、『クレーマーの急所はここだ! 超プロがついに明かす どんな問題もすべて解決』(大和出版)、『理不尽な人に克つ方法』(小学館)など。

     


    現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書

    「ふつうのお客様」が簡単にモンスター化する! インターネットの広がりなどによりクレームが悪質化する中、対応はマニュアル頼みだったり、その場しのぎだったりするのが現状で、まじめに対応しようとすればするほど墓穴を掘って心が折れてしまう人もいる。大阪府警に十数年、その経験を生かし民間企業に転職後、クレーム対応に20年近い実績をもつ第一人者が、最新刊の第1章から、どんな現場でも使える基本の行動原則を示す。

    「現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書」

    ⇒バックナンバー一覧